RSS | ATOM | SEARCH
これまでの話
せんせーとわたしのスターターデッキ2017
せんせーとわたしのカオスモンスター
せんせーとわたしのレッドアイズ
せんせーとわたしのブラック・マジシャン(10期)
せんせーとわたしのネオリンクスビート
せんせーとわたしの変形合体(10期)
せんせーとわたしの剣闘獣(リンクス)
せんせーとわたしの方界領域
せんせーとわたしのシンクロ召喚
せんせーとわたしのU.A.
せんせーとわたしのアマゾネス(リンクス)
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 23:59
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしのアマゾネリンクス
うひゃっほう! きえー! きえー! ひょひょひょひょひょー!
「ほほー。最近のせんせーはよくここに来るよーですねー」
完全にスルーかい。寂しいな。もっと狂う必要があるか……ひゃっひゃひゃー! うきょー! プレミアムチケットで手に入れたカードを変換に突っ込んでやるぜー!
「それはやめるのですよー! もったいないのですよー!」
よし、構ってもらえた。満足。さて、無事にKCカップも終わり、あとはユベルといちゃついていればシンクロ召喚対応のリンクスにアップデートされる。楽しみでしょうがないね。ということで、リンクス界のアマゾネスの話でもしようか。
「まるで繋がっていませんねー。せめてユベルの話なのではー?」
それは大昔にした気がする。それにそもそも、墓地発動のユベルではアマゾネスに勝てそうにない……寂しい時代だ。そんな10期産のアマゾネスサポートカードが《アマゾネスの急襲》。強すぎてリンクスではLIMIT2に指定されたね。

「このカードは今のデュエルリンクスでは強すぎますねー。特殊召喚効果も除外効果も強いですしー、《アマゾネス女王》と組み合わせれば自分のモンスターは全員戦闘で負けなくなりますからねー」

ちらほらと効果破壊が見えているものの、デュエルリンクスではまだまだ戦闘破壊が重要な位置に置かれているからね。戦闘破壊されず、戦闘した相手を除外するコンボは非情とも言える。ただ、アマゾネスというテーマは全体的に『戦闘しないと機能しない』ところがあるから、これからは徐々に徐々に失速せざるを得ないだろう。そもそも《サイクロン》が導入されるだけでかなり状況は怪しくなる。まあ、《プロト・サイバー・ドラゴン》を生み出せる《コズミック・サイクロン》があるから大丈夫という見方もあるだろうけどね。
「ほほー。今日のせんせーは狂わないほーのせんせーなのですねー」
狂うのもいいけど、面倒だからね。あれはあれで話しやすいんだけど……。ちなみに、唐突にアマゾネスの話を始めたのは、今回のKCカップでぼくが1stステージ突破に使用したのがアマゾネスデッキだからという理由だよ。最近のリンクスはいいね。少し前までの『一番強いデッキコピっときゃ誰でも予選は突破できらあ!』という状況はデュエリストの判断力が二の次なところがあったから、今くらいのほうが『自分で勝った』という実感が得られる。生きている実感!
「ふむー。アマゾネスデッキはかなり強いほーだと思うのですけどー」
まあそれはたしかに。実際、回してみれば苦手なデッキというかカードは《潜海奇襲》くらいという万能っぷりだったよ。そういえばきみはどんなデッキを使っていたのかな。
「ヴァンパイアも良さそーだったのですけどー、いちおーアマゾネスを使ってみたのですよー」
ヴァンパイアか……リンクス界にはライフポイントが減ることで機能するスキルがあるから、一旦減らして回復というギミックが強くなっている印象だったね。フロイラインちゃんが出てこれないわけだ。自分からライフを削ったのにピンチに陥った気になってバンデットを発動してくるキースもいたり、なかなか気の抜けない相手だったよ。空牙団対策の裏守備変更カードと《アマゾネスの賢者》でどうにかこうにかゴリ押せた感じかな。

「ふむー。たしかに《アマゾネスの賢者》の効果はOCGではびみょーそーですねー」
しかしリンクス界ではなかなか有用。《氷帝メビウス》も《魔導戦士 ブレイカー》も本実装されていない状況だからね。現状のリンクス環境が伏せ環境なのも相まって、『とりあえず賢者に伏せ1枚使ってね?』という意味での攻撃宣言が滅法強い。《狡猾な落とし穴》がつらい序盤にとりあえず単騎で突っ込ませるだけでも相手にとっては面倒なカードだよ。
「わたしは《狡猾な落とし穴》のないアマゾネスデッキでしたからねー。そーいった問題はなかったのですけどー。たしかにヴァンパイアデッキではめんどーに感じた気もするのですよー」
まあ《二者一両損》を使われたら返しに1キルされかねないんだけどね……。勝てない時は勝てないと諦めて、安定性を重視したよ。やはりなんといっても、3枚積める《アマゾネス王女》で《アマゾネスの急襲》がサーチできるのが強い! すでに《アマゾネスの急襲》がある場合は《アマゾネスの意地》でもいいね。

「《アマゾネス女王》を呼べますしー、《アマゾネスの急襲》を呼べますしー、《アマゾネスペット虎》も呼べますしー、とても強いカードなのですよー」
なにより、イベントやチケット限定とは言え、ウルトラレアだから規制されにくいのが強い。なんだかんだ言って、リンクス界も基本はOCG界と同じだね。キーカードをサーチできるカードは強い。特に現状のアマゾネスデッキの強さを支えているのはデッキの中のたった3枚のカード、2枚の《アマゾネスの急襲》と1枚の《アマゾネス女王》だ。これらがまとめて必要な場所に移動させられるんだから、《アマゾネス王女》のポテンシャルと言ったらない。強いて欠点を挙げるなら、字面では王女と女王でどっちがどっちかわかりにくいところくらいだ。王の娘が王女、女の王が女王だね。
「アマゾネスは《コズミック・サイクロン》や《V・HERO ウィッチ・レイド》に弱いですかねー」

ああ……しまいには《V・HERO ウィッチ・レイド》と《マスク・チェンジ》を搭載したアマゾネスデッキまで出てくるというんだからわけがわからない。一度だけマッチングしたけど、異次元の発想だね。あっという間にライフを削り切られたよ。
「ほほー。わたしは見ませんでしたねー」
あるいは相手が混合デッキだと判明する前に決着したかだね。そういえば、忘れてはならない悲しみの存在、《アマゾネスペット仔虎》。みんな覚えているかな……?

「覚えていますけどー、デッキには入っていませんねー」
《アマゾネスの急襲》と同じLIMIT2に指定されたばかりに、実質禁止カードみたいな位置に追いやられた哀れなる存在だよ。なにしろ急襲の枚数を減らすわけにはいかない。しかし枚数を減らさないとベビータイガーは入れられない。ということでデッキに入れる選択肢はない。ぼくは構築に迷走していた頃に一度だけ、『急襲はサーチが利くし、除外用のアマゾネスが何度も復活するのは強いのでは?』と急襲1枚ベビータイガー1枚の構築を試みてみたことがある。すぐ急襲2枚に戻したけどね。
「駄目だったのですねー」
駄目というか……。まず、ベビータイガーを素引きした時が弱い。『構築を変えていなければこれが急襲だったんだよな……急襲だったらな……』という場面が何度かあってね。次に、戦闘することで相手を除外できるんだから、アマゾネスの数が増える《アマゾネスペット仔虎》は強いという考え。間違ってはいなかったんだけど、どうせ《アマゾネス女王》が出れば自分のアマゾネスを消耗せずに相手だけを除外できるんだ。つまり女王がいればベビータイガーはいらない。最後に、急襲1枚割られたらゲームセット、急襲ありきで入れたベビータイガーもただの壁、というのはあまりにも極端すぎた。入れるメリットが希薄でデメリットが甚大なら、どうしたって入れ続けることは難しい。かわいいけどね。
「そーですねー。イラストアドバンテージはとても大きいモンスターなのですよー」
ベビータイガーにはシンクロの渦に呑まれるアマゾネスの救世主としての役回りを期待しておいて、あとはまあ……バーンデッキでも多用されている《アマゾネスの剣士》くらいかな? かなり古参のカードだ。

「デュエルリンクスの初期から使われているカードですねー」
最初期だったかどうかは記憶があやふやだけど、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》が出てからは生き生きしていたね。これをただの一戦力として起用できるのも、地味にアマゾネスデッキの強みになっている。あとは、これが結構重要なんだけど、守備力が1600あるんだ。これがとても頼りになる。
「ふむー? たしかに高いほーですかねー」
守備力1600ということは、《空牙団の剣士 ビート》に《禁じられた聖杯》を飲ませてもギリギリ戦闘破壊されない数値ということでもある。ほかにも《空牙団の参謀 シール》の攻撃力が1600だったり、《バージェストマ・カナディア》に《禁じられた聖杯》をぶちまけた時の攻撃力も1600だったり、今の環境で1600という数字は地味に重要なものだったりする。《空牙団の飛哨 リコン》を警戒して1ターン目に攻撃表示で出すことも多いんだけどね。
「なるほどー。《禁じられた聖杯》を使うのでしたらー、守備力の高さも使い道がありますねー」
というか、《底なし落とし穴》が2枚しかなかった都合、なにかしら代わりになるものを入れざるを得なかったんだ。色々試してみたけど、TCGで多く見られるという『優勝してもおかしくないデッキが無暗に多い』環境だったからね。警戒すべき全デッキに効きそうな、つまり汎用性の高いカードを選ばざるを得なかった。もっとも、《禁じられた聖杯》ではU.A.たちにはろくな効き目がないんだけど……。

「たしかに《底なし落とし穴》のほーがいーですねー」
そのあたりは諦めた。U.A.は事故ってくれると信じて、1ショットキルできるまで殴らないか、《底なし落とし穴》と《バージェストマ・カナディア》を最低1枚伏せてから殴ることにしている。ところで、まさか『サイバー流奥義』にはこのままエラッタが来ないのかな。《コズミック・サイクロン》の効果が『ライフを1000払って魔法罠1枚除外してレベル3のシンクロ素材を用意する』になってしまうんだけど……。
「どーですかねー。大会で暴れたあとで規制されるのではー?」
ヘルカイザーのレベル上げをやめておこうかな……。ぼくもランク戦で使うかもしれない。いや、待て。しかし5D'sのメンバーを使わないというのは……いやいや待て。それでも結局KCカップになったら、とにかく手持ちのカードで勝てるデッキを選ぶのがぼく。なんだかんだ言って、200ジェムもプレミアムSRチケットも魅力的だからね。
「そーいえば、せんせーはジェムを貯めているのでしょーかー?」
うん? なぜ?
「いーえ、5D'sが実装されるのでしたらー、チューナーもシンクロモンスターも実装されるでしょー? ハズレのないパックが連続で来るかもしれないのですよー」
どうかな……。記憶にも残っていないから具体例は挙げられないけど、チューナーにもシンクロにも使い道に乏しいものは多い。まあ、そうは言ってもUR枠に1枚くらいは、汎用シンクロが屋台の一等賞みたいに置かれそうだけどね。ジェムか……貯まったそばからガイア・ジェネシスにぶち込んでいるよ。ようやく現在3BOX目。まだ《クリッター》が3枚揃ってないんだ。
「ははー……。たしかに《クリッター》は強いですけどー、3枚ひつよーですかねー? 《クリッター》でサーチするチューナーが手に入らなければ意味がないのではー?」
かわいいじゃないか《クリッター》。それにジェムなら問題ない。キャラクターという名のジェムの塊が1度に何人も実装されるんだから。
「すぐに枯渇しそーな考えなのですよー!」
まあまあ。実際問題、使いすぎは置いておいても、いずれ開けるパックを放置することに大したメリットはない。早めにシャイン加工プレミアム加工を手に入れておいたほうがレジェンド相手の評価も上がって、結果的にジェムが貯まるというものだよ。
「どーですかねー。使っただけのジェムが回収できるとは思えないのですけどー」
アビス・ライジングの1BOX目で止まっている身としてはね、ジェムを節約して『いずれ開ける』枠を増やし続けるよりは、多少課金してでも開封を済ませたほうが精神的に楽な気もするんだよ。《同胞の絆》も《サルベージ》も持ってはおらず、しかしいずれ使うべき時が来るだろうというこの現実。ドリームURチケットが10枚ほど手に入れば大体回収し終えられるんだけど……。
「運営が狂ってもなさそーですねー」
そもそも枚数の足りないウルトラレアが何種もあるばかりに、ドリームURチケットの使い道がいまだ定まらないぼくだ。手をつけていないBOXに魅力的なものはないし、手をつけているBOXは大抵欲しいURが複数ある。最後の1枚以外を回収し終わらないことにはチケットの使いようがない。
「課金すればいーのではー?」
まあ、そうなんだけどね。チケットの存在で結果的に課金を促しているというこの知略! 運営もやるな! 気にしない人にはただのプレゼントだし、まったく隙のない試みだよ。……一応、取りこぼした《ホルスの黒炎竜 LV8》が気にならないでもないけど。……どうかなあ。
「せんせーはなぜ課金しないのですかねー?」
今のところ、課金してまでほしいカードがないからだね。大抵はジェムとアイテムでまかなえている。まあ、シンクロ実装と共に弾けることもあるだろう。……たとえばだけど。
「なんでしょーかー」
身も蓋もないけど、『10パック+指定のウルトラレアのプレミアム仕様!』みたいなものが出てきたら、きっとすんなり課金するんだろうなとは思うよ。課金絶対正義みたいでちょっと嫌だけどね。
「ははー……。1万円コースですかねー」
それは嫌だな。……さて、じわじわとアドバンテージを稼ぐテーマが増えてきたここで、一体どんなチューナー・シンクロを実装していくんだろうね。最初はおとなしいだろうけど……いわゆる『ハズレシンクロ』『ハズレチューナー』の中に少量の当たりを潜り込ませる感じで始まるだろうとは思うけど、ライフポイント4000の世界をどう変化させていくのか、気になるところだ。
「そーいえば、アマゾネスの話ではなくなっていますねー」
まあ、元々が『KCカップ1stステージ突破したよ!』という趣旨の雑談だからね。気にすることはない。そういえばきみも……まあ、アマゾネスで突破したんだろうね。
「《アマゾネスの急襲》と《バージェストマ・カナディア》があれば1ターンは生き残れますからねー。連勝が狙いやすかったのですよー」
スピードルールと罠主体デッキの噛み合いかたがなかなかだね。とりあえず生き残って、からの1ショットキル! 逆に言えば、罠が大した脅威ではなくなった時。その時がスピードルール崩壊の時なのかもしれない。
「ふつーにリミットレギュレーションが変わるだけなのではー?」
ふふふ。《王宮のお触れ》は……まだまだ先かな。とりあえず大会を勝ち抜けるだけのデッキは常に1つ持ち続け、あとは趣味でやらせてもらうとしよう。ああ、わくわくするね。レベル2の《スピード・ウォリアー》にレベル3の《ジャンク・シンクロン》をチューニングできる時まで、もうあと2週間だ。……そういえば。
「《スピード・ウォリアー》より《ボルト・ヘッジホッグ》のほーが使われそーですねー」
うん。それはともかく、5D'sワールドが実装されるということは、もしかしたら……タッグフォース限定のモブキャラクターが復活したりするのかな。
「新しーキャラクターなのではー?」
むむ。どうだろう。そもそも新ワールドという形式を取るともまだ決まっていない……。3つのワールドを回っていってレジェンド狩りをするのは少し面倒そうだからね。ワールド超融合でも発動してくれたほうが嬉しいけど……。まあいいか。2週間後にはわかっているんだ。それまでは……なにをしよう。ガイア・ジェネシスの回収でもしていようか。愛深きユベルなら1万ジェムくらいはくれるはず……。
「500ジェムくらいだと思うのですよー」
それがきみの愛なのか……。そう、ジェムが枯渇して欲しいカードも手に入らない苦しみ……これが本当の愛なんだね。
「運営の愛ですかねー」
歪んでいるな運営。ぼくが本当の愛を教えてやる! 新BOXの実装をやめて、すべての新録カードをストラクチャーデッキEX限定にする。ひたすら数を増やしていくストラクEX……課金しなければゴールドランクにも入れない環境。これが本当の(歪んだ)愛さ……。
「プレイヤーが激減しそーですねー」
じゃあそろそろ話を打ち切りにしよう。またシンクロの実装後にでも喜びを分かち合うとしようじゃないか。遊星さんはどんなチートスキルを使うのかなあ……。
「『絆の力!』は絶対に持っていそーなのですよー」
それは確定だね。そして《ジャンク・ウォリアー》とも少しだけ相性がいい。300ポイント上昇! じゃあ、また次の機会まで。デュエルスタンバイ!
「また次の機会にー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 16:56
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしのウルトラアスリート
うるとらあすりーと!
「はっ!? もーせんせーがやってきたのですよー。てっきり数か月は来ないと思っていたのですよー」
デュエルリンクスのKCカップが面倒でね。どうせ2ndステージに進出してランキングの最底辺をうろうろするところまで決まり切っているのに、わざわざ勝利を上げないといけない……面倒で、U.A.の話でもするかと思って来たんだよ。
「せんせーがふつーに話しているのですよー!」
だからうるとらあすりーと! らんくせんのしようかーどらんきんぐにけっこうはいってるけど、おーしーじーではぜんぜんかつやくしてないよね! りんくすだとつよい? つよくないんじゃない?
「せんせーのキャラクターがよくわからないのですけどー」
そんなことを気にされても困るな。まあU.A.ことウルトラアスリートの特徴をざっくり挙げると、『下級が1種類だけ、ほぼすべて上級モンスター』の『メインデッキテーマ』ということだね。エクストラデッキに入るテーマカードはなく、種族は戦士統一。戦士族には何気に超長期に渡って存在しなかった『強い上級モンスター』を主役としたテーマとも言える。問題は、その強さが『こいつはヤベえ!』ではなく『いいんじゃない?』クラスに留まっているところだけど……なぜデュエルリンクスでは活躍しているんだろう?
「ヘルカイザーのスキルと合わせたデッキは見たことがありますねー。『サイバー流奥義』で《プロト・サイバー・ドラゴン》を出しましてー、リリースに使っていたのですよー」
それはぼくもみた! へるかいざーはほんとうにせっそうないな! でもうるとらあすりーとってでてもそんなにつよくないよ! なんでらいていざぼるぐとかじゃないの?
「テーマデッキのカードですからねー。わたしも冒険盤RPGで使ってみましたけどー、《U.A.ファンタジスタ》が出せないだけで詰むデッキだったのですよー。しかし、リリースさえ確保できれば上級モンスターが出ますからねー」
それじゃあ久々にカードの画像を出して見てみようか。ウルトラアスリートの上級モンスター、いや下級の《U.A.ファンタジスタ》も含めてか。自分と別名のU.A.をフィールドから手札に戻すことで手札から入れ替わりに特殊召喚できる。テーマ内限定の《A・ジェネクス・バードマン》だと思えば理解しやすい。そしてこのテーマの重要なカードを3つ! 3つのことを考えるんだ……《U.A.ファンタジスタ》! 《U.A.フラッグシップ・ディール》! 《U.A.スタジアム》! 大体この3種類のカードが重要になってくるよ。

「《U.A.ファンタジスタ》はキーカードですねー」
そう! ゆーえーはぜんぶ『ゆーえーをふぃーるどからもどしてとくしゅしょうかん』できるけど、これってへんだよね! だってふぁんたじすたいがいはじょうきゅうだから、『さいしょにゆーえーをどうやってだすの』ってだれでもおもう! ぼくもおもう! だからかきゅうのふぁんたじすたはちょうひつよう! それか、さいどらでもつかえばいいとおもう。ぷろとじゃなくてほんとうのおうぎの。しょてさいどらつかえばいいとおもう。
「ふむー。リリースの確保だけでしたらー、《フォトン・スラッシャー》……いーえ、難しーですねー。ウルトラアスリートで一番強いモンスターは何なのでしょーかー?」
それを知ってどうするのかな。
「一番強いモンスターが分かりますとー、それをどーやって出すかで話が分かりやすくなるのですよー」
じゃあおしえてあげる! 《うるとらあすりーとぺなるてぃ》! このかーどがいちばんつよいぞ!

「罠カードですねー」
実際のところ、そもそも上級モンスター多数のデッキなんて手札事故で動けなくなるのがまともな流れというものだよ。しかし《U.A.ペナルティ》は墓地からの除外によってテーマの魔法カードを手札に加えられる。《U.A.フラッグシップ・ディール》を手札に加えれば、とりあえず動きの起点にできる《U.A.ファンタジスタ》がフィールドに出せる。相手が遅いデッキでもない限り、《おろかな副葬》でも使って《U.A.ペナルティ》を墓地に落とし、まずは安定感を高めるのが無難なところだ。
「ふむー。そーではなくてですねー、わたしは『そもそもウルトラアスリートモンスターがフィールドに出たところで戦力になるのか』という話をしたかったのですよー。たとえ1ターンで最強のウルトラアスリートを出せたとしましてもー、それが《ラーバモス》レベルでは出した意味がありませんからねー」
なるほどね! でもそのはなしはできないな! うるとらあすりーとのきほんせんじゅつ! じぶんのめいんふぇいずいちではこうげきとっかのうるとらあすりーとでふぃーるどをかためる! ばとるふぇいずにそうこうげき! めいんふぇいずにではふぃーるどのうるとらあすりーとをしゅびとっかのうるとらあすりーとといれかえる! そしてあいてたーんをたえぬく! こうげきとしゅびのどっちかにとっかしてるから、『これがさいきょう』みたいなのはない! あえていうならふぁんたじすたか!
「ふむー。なるほどー。デュエルリンクスにはメインフェイズ2がありませんからー、守備向きのモンスターには居場所がなさそーですねー」
居場所がないかはともかく、実際、現状で『守備特化』の選手はデュエルリンクスには出ていないね。今出して『ハズレのカード』枠にしてもよかっただろうに出さなかったということは、いずれマスターデュエルを実装してまともな価値を持たせてからそれなりのレアリティで出す算段でもあるのかもしれない。いつまでも『スピードデュエルだから《パワー・ボンド》は出せません』を続けるわけにもいかないだろう。
「《パワー・ボンド》はわたしもほしーのですよー!」
ふぁんたじすたのこうか! ふぃーるどのゆーえーとてふだのゆーえーをいれかえられる! そしてこれはゆうはつそくじこうか! つまりやべえ!
「入れ替えだけですとー、ふつーにすべてのウルトラアスリートが行えるはずですねー。相手ターンに出すと効果が発動する《U.A.コリバルリバウンダー》とは相性がいーですねー」
そういうことじゃない。いいかい、デュエルリンクスでデュエルするなら、現状は初期ライフ4000のスピードデュエルしかない。これはいいね?
「そーですねー」
ばとるふぇいず! どれっどのーとだんかーでこうげき! あいてもんすたーげきは! ふぁんたじすたでこうげき! せんにひゃくだめーじ! さらにふぁんたじすたのこうか! どれっどのーとだんかーをべつのせんしゅといれかえる! そのせんしゅでもこうげき!
「はっ!?」
誘発即時効果の強みは相手ターンに使えることだけじゃない。自分のバトルフェイズで使えるところにもある。《U.A.ファンタジスタ》の効果が『選手AとBの入れ替え』である以上、自分ターンで入れ替えたAとBを、相手ターンでBとAに入れ替え直すということもできる。ファンタジスタ自身を戻すカードに勘定できないのが惜しいところだけど、『状況に合ったモンスターに入れ替える』というのはさながら剣闘獣のようだね。
「ほほー。しかし、剣闘獣はデッキから入れ替えられますからねー。手札からしか入れ替えられないウルトラアスリートは運頼みになりそーですかねー」
まあね! でもりんくすってすぴーどるーるだからでっきはんぶんだし! ほしいかーどひきやすいよね! しんくろがくるまえにゆーえーがでたのって、『じょうきゅうもんすたーめいんのてーまもだしとこう』っておもったのかな? これからかきゅうげーむになるからね!
「それは分かりませんけどー、肝心の『入れ替えて出したいモンスター』がまだ出ていませんねー。エースモンスターはいないのでしょーかー」
エースね……。さっき話に出した《U.A.ドレッドノートダンカー》あたりがアタッカーの中では強力な部類じゃないかな。貫通と、戦闘ダメージトリガーの1枚破壊の任意効果。それに攻撃力2500でも《U.A.スタジアム》で強化していけるからね。

「《U.A.スタジアム》は選手を強化するカードですねー」
めざせこうげきりょくいちまんせんにひゃくのふぁんたじすた! いちのこうかでゆーえーをしょうかんしたらゆーえーさーち。たーんいちないからさもんちぇーんつかったらふぁんたじすただしてさーちしていれかえてをさんかいれんぞくでやれるぞ!
「ほほー。それは強そーですねー」
もっとも、《サモンチェーン》を使える状況がまず訪れないけどね。《二重召喚》が無駄にならないという点では稀有なデッキだよ。まあ、《二重召喚》を持っている時に《U.A.スタジアム》と《U.A.ファンタジスタ》が揃うかと言うと夢見がちなんだけどね。
「《U.A.ファンタジスタ》はやはり必須ですねー。そーいえば、ひとつ気になったのですけどー」
なんだとてめえ。
「なぜ怒られるのでしょーかー。たとえばですねー、《U.A.スタジアム》も《U.A.ファンタジスタ》も出せない時はどーしたらいーのでしょーかー?」
死ぬよ。
「ははー……。やはりキーカードが出せないと動けないタイプのデッキなのですねー」
だからさいばーりゅうおうぎでじょうきゅうだけでもうごけるようにしてるんだよ! まああいてにゆーえーだってばれたらなぐってくれないけどね!
「1ターンキルデッキには分が悪そーですねー。ふむー。警戒するほどのデッキではなさそーですねー」
お。これを機に敵になる可能性のあるデッキを研究することにしていたようだね。まあ、簡単なことだよ。空牙団相手に用意した《底なし落とし穴》や《バージェストマ・カナディア》を相手の召喚成功時にぶつけてやれば一発だ。ウルトラアスリートの共通効果は、表側で存在する味方しか戻せない。キーカードにして手元になければ泣きそうになる《U.A.ファンタジスタ》をフィールドに裏側で張り付けて、戦闘破壊すれば相手はサレンダーするだろう。最後まで戦い抜く意志を持った相手には、敬意を払いつつサイバー流奥義を発動されないように警戒しておくことだ。これで対策は万全さ!
「あとはいちおーフィールド魔法も除去したいですねー。《コズミック・サイクロン》と《ギャラクシー・サイクロン》のどちらを使うか迷いますねー」
もうさんまいずつもってるのか! このかきん! かきん! らいふよゆうならこずみっくでよくない?
「問題がなければ《ギャラクシー・サイクロン》3枚にしてみますかねー。問題が出た時に入れ替えてみるのですよー」
まあ、そのあたりが無難だろうね。さて、一応テーマの弱点の後にだけど、カードの情報も見てみよう。これもなかなか悪くない、とりたてて良くもない、攻撃力2300のライトニングこと《U.A.マイティスラッガー》だ。『戦闘する場合』ではなく『攻撃する場合』のみ相手の発動を封じるのが、攻守どちらかに偏ったテーマの宿命というか、メインフェイズ2がないことがかなり不利に働いているね。

「ふむー。デュエルリンクスでは《分断の壁》の採用率がとても高いですからねー。しかし《エネミーコントローラー》で攻撃前に守備表示にできますかねー」
まあ、ほかにないからつかうかんじ? ゆーえーってあどばんてーじかせぐこうかとてもすくない! だからじぶんからかせがないとしぬ! せんとうであいてもんすたーをかくじつにけずっていけ!
「びみょーですかねー。《U.A.コリバルリバウンダー》はふつーにモンスターの数が増えますしー、強い効果だと思うのですけどー」

通常召喚か、相手ターンでの特殊召喚成功時に手札・墓地のU.A.を展開する効果だね。相手ターンに特殊召喚する方法としては、《U.A.ファンタジスタ》に手札から出してもらうほか、諸刃の剣《U.A.ターンオーバー・タクティクス》を相手ターンで発動する手もある。

「ほほー……。せんせー? これはとても危険なカードなのですよー」
自分にね。フィールドのモンスターすべてに対するバウンス。これは満点だ。自分フィールドにU.A.2種類以上という条件も、まあこれなら許容できるだろう。次に、自分のデッキに戻った枚数までU.A.をフィールドに出せる。つまり、戻したカード自体も含めたデッキのU.A.すべての中から、任意のカードを特殊召喚できる。剣闘獣みたいというたとえが現実になったね。そして最後。相手も相手フィールドからデッキに戻った枚数まで、『好きなモンスター』をデッキから特殊召喚できる。はい、大きく減点だ。
「ふむー。デッキから一番出したいモンスターを出せるのですかー。ふむー。難しーですねー」
まあつよいっちゃつよいけどね! このかーど、えくすとらでっきにもどったもんすたーは『もどったまいすう』にかぞえないの! だから、あいてがせんこうえくすとらりんくどやあ! ってさけんだら、なんとかゆーえーにたいふぃーるどにだして、このかーどはつどうして、えくすとらにぜんぶかえせばあいてはいったいしかとくしゅしょうかんできない! そうかんがえるとつよいかーど!
「……すべてエクストラデッキに戻ったのですとー、相手は1体も特殊召喚できないのではー?」
いや、先攻エクストラリンクしたなら《夢幻崩界イヴリース》は出しているんじゃないかとね。
「《夢幻崩界イヴリース》が存在していますとー、そもそもU.A.を特殊召喚できませんねー」

あ、そうか。そもそもいぶりーすりりーすでゆーえーだせばしょりできるじゃん。いえーいりりーすもーらいー。
「ほほー。上級モンスターテーマのデッキは珍しーですからねー。相手も驚くでしょーねー」
あとは《U.A.フラッグシップ・ディール》あたりでU.A.2体を確保。発動条件は名前の異なるU.A.2体以上! 《U.A.ターンオーバー・タクティクス》によって、先攻エクストラリンクを突破! これはすごい! なんだ、3枚積み必須の切り札じゃないか。
「《トライゲート・ウィザード》の効果発動ー。相互リンク3の効果で《U.A.ターンオーバー・タクティクス》を無効にするのですよー」
……さんまいづみひっすだし? べつににまいめもってればかてるし……かてるし……。
「そもそも《U.A.フラッグシップ・ディール》を無効にすれば発動条件も揃いませんかねー。いーえ、《ファイアウォール・ドラゴン》でU.A.を手札に戻す方法もありますかねー」
このはなしやめよう! かてない! せんこうえくすとらりんくにはかてません! ちくしょう! ほろびろ!
「せんせーが始めた話だったのですけどー」
これがトロイメア剛鬼の実力……。同じ戦士デッキとは言え、9期生まれのU.A.ではとても勝てないな!
「9期のカードはふつー、消費した手札を補う効果があるのですけどー」
それはある! もんすたーをてふだにもどしてもんすたーをだす! ほら、てふだがへってない! さすがきゅうき! すごいぜゆーえー! あどばんてーじ? しらないな!
「ふーむ。いちおー《U.A.ペナルティ》に墓地効果はありましたかねー」
手札やフィールドにモンスターを増やす効果が少なすぎるな……。いっそペンデュラム召喚でも取り入れて一気に上級モンスターを展開すればいいんじゃないかと思えてくる……。そもそも、ウルトラアスリートとは言うけど、なぜ様々な競技の選手が1つのデッキに混在しているんだろう。カードのイラストで球が『光る物体』になっているところを見ると、この光る球は大きさを自在に変え、異なる競技の選手たちが同じ試合の中で扱えるようになっている? 普通に考えれば、スポーツ1つにつき1テーマで出すのが誰にとってもいいからね。『総合球技』のような特殊なスポーツなんだろうか……。
「わたしに訊かれても困りますかねー」
ぼくにきかれてもしらない! せっていなんてどうでもいいんだよ! しゅびもんすたーだすぜ! ゆーえーかすとでぃあん! あいてたーんだけじぶんのゆーえーにつかえるせんこうりゅうすたーだすと! ゆーえーってさ、こうげきとしゅびをいれかえるっていうけど、ひとつたりないよね。

「ハーフタイムですかねー?」
そうじゃなくてだね。攻撃中は手札の守備モンスターに役割がなく、守備中は手札の攻撃モンスターに役割がないことだよ。サーチ効果を持った永続魔法でも出て、『フィールドにないU.A.を手札から見せれば枚数分のボーナス効果』とでも来れば意味が出てくるんだけど……。今のところ、ファンタジスタでいつでも入れ替えられる、くらいしか『手札に持ち続けておく意義』がないからね。
「悪くない効果のモンスターはいますけどー、誰も飛び抜けていない印象ですねー」
さいしょにそういったよ! もっとこう、『さすがとっぷあすりーとだぜ!』みたいなのがほしいね! ひととしてつよいていどじゃもんすたーにはかてねえぜ! あれ? こいつらもんすたー……こいつらもんすたーだぞ!
「人型のモンスターはふつーにいますからねー。今さらなのですよー」
まあいいか……。ちなみにバッターを出したからピッチャーも出すと、それがこちら《U.A.パーフェクトエース》。攻撃力たったの1500、守備力2500だ。どうやら危険球を作戦に入れないタイプのピッチャーらしいね。
「それは人としてとーぜんですねー」

あいてをぜんいんでっどぼーるにすればかてるのに! やきゅうってかんたん!
「退場になった上クビになりそーなのですよー!」
スポーツマンシップなんて、知らない誰かが決めたことだ。トップを走る選手にはぜひ、自分の考えで自分の道を進んでほしいものだね。
「せんせーはスポーツと喧嘩の区別がつかないよーですねー」
ひとにおうえんされるころしあいがすぽーつ、おうえんされないころしあいがけんか。
「どちらも間違っているのですよー!」
しかし、そうは言ってもウルトラアスリートたちの最終目的は敵チームの監督をライフポイント0に追い込む、つまり殺害することだからね。
「はっ!?」
たおしたあいてもんすたーはぼちおくり! しんだみかたはこりばるでふっかつ! まさにじんちをこえたさいきょうせんしゅのたたかい! たたかいのすたじあむにつどいしせんしゅたちが! もんすたーをなのりちをけり、ちゅうをまい! ふぃーるどないでしにたえる! みよ、これぞすぽーつのさいきょうしんかけい、さつじんでゅえる!
「観客が逃げ出すのですよー!」
逃げられると思っているのか……? 《カイザーコロシアム》発動! これにより大量展開を得意としないU.A.の、『量より質』の戦術に相手チームを巻き込む! さらに観客の皆さんの勝手な出入りを禁止する! スタジアムとコロシアムが重なり合うことにより、すべての出口は閉ざされた! ここから出たくば敵チームを応援するがいい! 監督を抹殺したら次は貴様ら観客の番だ!

「観客を殺すスポーツなんて存在しないのですよー!」
うるとらあすりーとはかくうのすぽーつをしているかのうせいがある! よってかんきゃくをころしてもせーふ! そもそもきゅうぎのかんきゃくなんて、ながれだまにあたるためにいきてるようなもんだぜ!
「言いがかりなのですよー!」
くらえホームラン! かっとべ頭蓋! 消し飛べ声援! これは殺し合いだ、殺される覚悟のない者は見に来るな! 魔法発動、《U.A.パワードギプス》! 装備したU.A.は攻守1000アップ! さらに相手選手との戦闘で与えるダメージは倍になり、プレーで相手選手を殺害した場合は追加の1プレーが認められる! 余波で観客を消し飛ばせ!

「誰も応援しに来なくなるのですよー!」
それでいい。たたかうせんしゅはつねにこどく。きょうしぬかもしれない、だからめのまえのあいてをころす。すぽーつって、いつもそう。でゅえるとおんなじだね。
「せんせーの価値観が崩壊しているのですよー……」
まあ、何人かの選手は取りこぼしているけど、大体ここまでがU.A.のすべてだ。ちなみに、テーマの最重要カードこと《U.A.ペナルティ》をもう1回見てほしい。

「ふむー? これはいーカードなのですよー」
ペナルティという名前の割に、損をするのは相手チームだけと決まっている。あとは分かるね?
「はっ!? 買収しているのですよー!」
しんぱんだってあすりーと! あすりーとならうるとらあすりーとのてのものかもしれないよね! ぎわくのはんてい! ぎわくのはんてい! しょうぶはすすむ! ぎわくのはんてい! きにいらないあいてをるーるでついほうしろ! るーるとまなーをしはいしてたのしくぷれい! これがうるとらあすりーとのやりくちだ!
「マイナスイメージばかりを植え付けてくるのですよー!」
相手はこの審判を排除するために《サイクロン》や《ツインツイスター》といったカードを使用してくることだろう。もちろん観客席もただでは済まない。ルール上存在を認められていない観客は、それゆえにどのような目に遭ったとしてもデュエルの進行に影響がない。さあ、きみなら観客をどう料理する? 《ブラック・ホール》で選手ごと塵にする? 《激流葬》で死体の泳ぐ水族館を作る? そもそも《U.A.スタジアム》を《コズミック・サイクロン》で除外して、全員を宇宙に転送してしまう? なんでもアリだ。心配は要らない。観客だって、それくらいの覚悟はできているさ。
「絶対にできていないのですよー! ただ試合を見に来ただけなのですよー!」
ぼくはすぽーつかんせんというものがよくわからなくてね。だってみるならてれびでいいじゃない! せっかくなまでしあいをみるなら、いっそじぶんもさんかすればいいじゃない!
「スポーツとサーカスを間違えているのではー?」
選手や観客が今どんな目に遭っているのか。それをイメージしながらデュエルすると、このウルトラアスリートというテーマはとても面白い。勝っても負けても楽しい勝負。そうか、それは『負けた時に笑いが止まらない』という意味だったんだね。今ならできそうだ、勝ち負けにこだわらないデュエルが。
「せんせーがなぜ観客を嫌っているのかわかりませんねー」
べつにきらいじゃないけど!? それにけーしーかっぷはあまぞねすつかうし、ゆーえーつかうことはもうないかな。まあいいんじゃない? そのうちしんきでるよ。えふえーからなにかはせいしてくるよ。ゆーえー、えふえー。つぎはおーえー?
「O.A.……何の略でしょーかー?」
オールドアスリート。U、F、と来たらOかなとね。そして最後はみんなで宇宙に攫われてハッピーエンド。観客の残骸と合流できるといいね。
「せんせーはU.A.が嫌いなのですかー?」
すぽーつなのにはでじゃないのはきらいかな。もっと、たーんおーばーみたいな、いっきにどーん! ってかーどがでればいいとおもう。ちまちまてんすうかせいでっても、みていておもしろくないぜ。それならかんきゃくせきでりんくすやってるほうがたのしいぜ。
「嫌な観客ですねー」
カード名に『殺人』と書かれたカードが出れば喜んでデッキを組むよ。なんだかんだ言って、人間は殺人に生きるところがあるからね。
「わたしの知っている人間とせんせーの知っている人間は違うよーですねー」
まちがったにんしきははやくなおすべきだとおもう。
「間違っているのはせんせーなのですよー」
かっとばせ あいてせんしゅを ほうむらん
今日はこのあたりでいいか。良い気分転換になったよ。やはり選手を操る監督役よりも、相手を撲殺する選手のほうがぼくの性には合っているな……。それじゃあ、また次の機会に。
「ははー。また次の機会にー」

「せんせーの頭はまだ直らないよーですねー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 19:34
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしのシンクロ召喚(2)
こんにちは! ついにでゅえるりんくすにふぁいぶでぃーずがでてくるぞ! いぃぃやったーぁ! このときをまっていた!
「ほほー。久しぶりのせんせーですねー。しかし、大規模アップデートは一か月後なのですよー?」
いっかげつはいっしゅんです! やったぜ! くるぜ! すでにでゅえるはわんたーんきるのことをいみするじだい! まだりんくすにしんくろがなかったなんてしんじられねえ! しんらはわるくない! くうがだんもわるくない! ぱわーばらんすがくるってるのがわるい! けーしーかっぷまえだけどいちまんくらいじぇむがあるぜ! めいんぼっくすのついかはまだか!
「ほほー。せんせーはまだ無課金でやっているのですかねー」
しょーじき、かきんしようかなっておもってる。のばますたーがでたから! ぶれいずまんはかきんしないとにまいめさんまいめてにはいらないから! かきんしようかなって。うんえいのおもいどおりだけど、たのしめるならいいかなって。
「そーですねー。《E・HERO ノヴァマスター》と《E・HERO ブレイズマン》は相性がいーですからねー」
いや、そんなよくはないです。まあわるくない? くらいです。それに、ぐれいもやがじっそうされたもの。おとしあなとかそろそろくるかなって、おもう。だから、かうかもしれないけど、まだかわない。すぴーどでゅえるはわんたーんきる! わんきるできないでっきはふせかーどをたいりょうにだせ! それもできなきゃわんたーんきる! まけるだけだぜえ。けーしーかっぷはでぃーひーろーをつかおうかな。あんきもますくちぇんじもでぃあぼりっくがいもきせいしようがないから、うんえいもちょっとこまってる?
「どーですかねー。《D−HERO ディシジョンガイ》をリミット2にしますとー、メインデッキのモンスターが足りなくなりそーですからー、規制できそーなのですよー」
きたない! きたない! それはずるい! あんきもますくちぇんじもめいんぼっくすのうるれあすーれあなんだから、でっきくめなくなるのはずるい!
「【空牙団】も【アマゾネス】も弱体化しますからねー。わたしも【D-HERO】を使ってもいーかもしれませんねー」
きさま! かんきょうでっきをのりうつるじゃあくなるあくりょうか! かきんぷれいやーなら、かきんらしくでんちめんとかつかったらどう?
「いーえ、【D-HERO】のほーが使いやすいですからねー。わたしはそちらにするのですよー」
ふーん。まあいい! そんなことよりしんくろ! しんくろ! すぴーどでゅえるでしんくろしょうかん! ぜったいやばい! わんきるとわんきるのころしあい! でもそれがいい! どうせりんくすでますたーでゅえるなんてのぞめねえんだ。だったらわんきるじょうとうのすぴーどでゅえるでまんぞくするしかねえ! しんくろのはなしでもりあがろうぜ! さいしょのめいんぼっくすできてほしいかーどのはなしとかしようぜ!
「どーいうことでしょーかー?」
ふぁいぶでぃーずじっそう! そしたらとうぜん、あたらしいぼっくすにはちゅーなーもしんくろもはいる! さいしょにめいんぼっくすいりしそうなしんくろとかちゅーなーとかそれけいのかーどよそうしようぜ! あたったらまじかるあんどろいどをあげよう!
「そーですねー。《マジカル・アンドロイド》もふつーに入りそーですけどー……OCGで使われにくい順に入りそーですかねー。でしたらー、《スクラップ・デスデーモン》でしょーかー?」
なあるほど! いいな! おまえ、いいかーどえらぶな!
「せ、せんせー? わたしのことは『きみ』と呼んでいたはずではー?」
いいじゃないか! いいじゃないか! きさまとぼくのなかじゃないか! じゃあぼくもえらぼう! ちゅーんうぉりあー! すたーたーにはいっていたこのかーどをじっそうすれば、ふっきぜいのでゅえりすともおもわずさいふのひもをゆるゆるするにちがいない! しかもまのしちゃくべやでだせる!
「なるほどー。通常モンスターのチューナーは実装が早そーですねー。でしたらー、《ウォーター・スピリット》も入りそーですねー。レアやノーマルで出そーなのですよー」
えっ、いやだ。
「せんせー?」
なんでもないです。すとらくちゃーもきっとでるはず! そっちのよそうでもいいぜ! うわあ、うぉーたーすぴりっとがすとらくちゃーにはいりそうなきがする。いやだなあ。でもあれはあれでかわいい。つかいにくいでめりっとちゅーなーもはいりそうだな。きりゅうのまじゅつし!
「ペンデュラムチューナーですねー」
はろはろ!
「ペンデュラム通常チューナーですねー。二年は先なのですよー」
いちねんにいちしりーずじゃおそすぎる! もっとかそくしろ! さらなるすぴーどを、もっとはやく、かそくかそくかそく! しんくろしょうかん! しんくろしょうかん!
「世界が破滅しそーなのですよー!」
まわれもーめんと! はめつのちからをこのてに! さいしょのすとらくちゃーってなんでしょうね。じゃんくうぉりあーはゆうせいのえーす? それともすたーだすとがえーすで、じゃんくうぉりあーはもってこない? いやどっちもてにはいるはず! じゃあすとらくちゃーのかんばんってだれ?
「ストラクチャーデッキが出るとは言われていないのですけどー……《大地の騎士ガイアナイト》はどーでしょーかー?」
びみょうです。でもありそう。うしおさんがごようだして、ふんさいはつどうして、がいあないとをらちするの。でもかえしのたーんでがいあないとだして、ふんさいつかって、うらみをこめたちからのかぎりのいちげきで、ごようがーでぃあんをつらぬくの。きしがいあのちからなめるなよ! てーまかしてないかーどはだまってころされろ! やったびんぐ! ふんさいをつかえばがいあないとだってごようにかてるぜ!
「牛尾さんが出てきますかねー? ……はっ! 《ゴヨウ・ディフェンダー》を持ってくる可能性があるのですよー!」
それはあるかも。でもでぃふぇんだーつよすぎない? つよすぎない? じゃあいいか。おーしーじーではじんけんはくだつされたから、りんくすであばれるのもいいかもね。きんてれとかでぃばいんは、ぜんぜんでないんだろうね。
「《緊急テレポート》は強いですからねー。4000ルールでは出てきにくそーですかねー。《メンタルスフィア・デーモン》は出てもよさそーですけどー」
でもでぃばいん、かいがいだときせいされてるよ。だからでないのかなって。てぃらのけんざんもぜんぜんでないし、だいなそーりゅうざきにきゅうしゅうされてるし。だからでぃばいんはでないかなって。ぞーんもでないかなって。
「時械神はいつか出ると思うのですけどー」
くらいはなしはやめようぜ! ふぁいぶでぃーずのめんばーでだれがさいしょにくるかよそうしようぜ! はずれたら、はずしたにんずうぶんのだめーじをうけることにしようぜ!
「どーいう話でしょーかー」
ぼくがゆうせいじっそうとよそうする! それいがいのよそうはしない! じっさいにじっそうされたのがゆうせいとほかによにんくらいだったとする! ぼくはよにんあてられなかったから、よんせんだめーじ! りあるのにくたいに。
「ははー。なぜ予想でダメージを受けなければいけないのでしょーかー?」
ぼくがふぁいぶでぃーずのとうじょうきゃらくたー、だいたいさんじゅうにん? にじゅうにんくらいじっそうされるとよそうしたとする。じっさいはさいしょにごにんだったとする。じゅうごにんぶんよそうはずしてるからいちまんごせんだめーじ! りあるのにくたいに。
「なぜ肉体を賭けに出すのですかねー?」
ひとごろしをけいけんしたら、じんせいなんてゆめみたいなものだなっておもうんです。だったらしぬまでたのしむのがいちばんだぜ! どうせしぬんだ! それまでたのしめ! じゃあぼくからよそうするぜ。まずはゆうせいがでるとおもう。
「それはわたしも思いますかねー。予想するキャラクターは最初に実装されるキャラクターだけなのですかねー?」
そのとおり! じーえっくすだと、くろのすせんせーがいっかげつおくれでやってきたけど、かれはふくまない。さいしょのじゅうだい、まんじょうめ、えど、あすか、くうきのみさわくん、そのごにんだけをかうんと! どうしてしょうはぱわーぼんどないのにおくれてきたの?
「《スチームロイド》が強かったからですかねー?」
ぼくのよそう! うんえいのことだから、ぱわーばらんすはきにするはず! よってこのごにん! ゆうせい! じゃっく! あき! るあ! ……あとひとりほしいぞ。るかでいいか。しぐなーごにんできまりだ!
「ふつーの予想ですねー。ふむー……そーなりますとー、【初期シンクロン】、【リゾネーター(レッド除く)】、【植物】、【ディフォーマー】は組めそーですかねー。ディフォーマーは強すぎるのではー?」
たしかに! でぃふぉーまーはうまくまわればわんきるよゆう! でもうんえいだし、あまくみてそう。さいばーえんじぇるのひげきをわすれたか!
「そーですねー。初期シンクロンはそこまで強くありませんしー、今出てもだいじょーぶそーですけどー、ひとつ気になるのですよー」
それはどうかな!?
「いーえ、ほんとーに気になっているのですよー」
それはなにかな!?
「《夜薔薇の騎士》あたりは問題ないのですけどー、《ブラック・ローズ・ドラゴン》は駄目ではないですかねー?」
きさま、ひろいんがじっそうされないというつもりか! あんずですらじっそうされたのに!
「いーえ、《ブラック・ローズ・ドラゴン》が問題なのですよー。フィールドをすべて破壊しましてー、モンスターを特殊召喚すればワンターンキルが達成できるのですよー」
きさまはあまくみている!
「なにをですかねー」
ゆうせいがでるということはえふぇくとべーらーをだせるということ! いますでにくうがだんたいさくにほしいえふぇくとべーらーをじっそうできるということ! めいんぼっくすのうるれああたりで!
「とても集めにくいですねー」
うんえいならやる。そしてじゃっくがでるということはばとるふぇーだーがじっそうできるということ。これでわんきるがっせんにおさらばだぜ! ふぇーだーにべーらーをちゅーにんぐ! ふぉーみゅらしんくろんでつぎのふぇーだーをどろーさせてもらうぜ!
「ふむー。手札誘発のモンスターが増えるということですねー」
そういうことだ! そもそもいまのおーしーじーも、ゆうはつないといったーんでつむかんきょう! りんくすのわんきるかんきょうも、ゆうはつどうにゅうでおさえるべき! そしててふだゆうはつはひっすになり、ひとびとはてふだゆうはつにこうべをたれていきてゆくことになる。てふだゆうはつさま、てふだゆうはつさま、どうかてふだにおこしください。いのりがききとどけられなければ、まつのはしだ。
「手札4枚ですからー、手札誘発モンスターを積むのも難しーところですかねー」
さいしゅーてきに、てふだゆうはつありのしんくろでっきがほかをおしのけてかんきょうどくせん。ここまでがてんぷれ。だからぶらろもでていい! はかいこうかにべーらーうとうぜ。
「ではー、わたしの予想ですねー。遊星は主人公ですからー、出るしかないと思うのですよー」
きさま、よびすてだと。ゆうせいさんかにゅーきんぐとよべ!
「せんせーも呼び捨てにしていたのですよー。そしてですねー。5D'sのジャックはひじょーにファンデッキが組みにくいキャラクターだったはずなのですよー」
それはどういせざるをえない。ぴーすごーれむとかなんだったのか。なぜさいどらこうかででなかった。
「ですからー、ジャックも出して問題ありませんねー。ジャックも出ると思うのですよー。《機甲忍者アース》に《ダーク・リゾネーター》をチューニングしますかねー」
りぞねかわいい!
「ふむー。次に、そーですねー。クロウは絶対に出ないのですよー。【BF】は弱いカードだけなら組めますけどー、《BF−疾風のゲイル》のない【BF】は【BF】ではありませんからねー」
げいるにかるーとにしゅらにしろっこ。てっぽうだまのくろうさまによっておまえのらいふはとっくにはじけてるんだよ!
「ですからー、遊星とジャック以外は予想がしにくいですかねー。龍可の使用カードは問題ないものばかりですけどー……どんなデッキを組めばいーのかわかりませんねー。いちおー、龍可も出ると予想しておくのですよー」
せいれいでっき! てんしぞくやけものぞくのひかりぞくせいでそうびまほうをつかうぜ! いみがわからん! てんさいのかんがえることはいみがわからん! あーまーどほわいとべあとか、なんでまだおーしーじーにないの。
「《おジャマンダラ》が出ましたからー、実装される可能性はありますかねー」
うれしくないな! それじゃあよそうはさんにんかい? ちしぶきあげてさけぶじゅんびはできたかい?
「い、いーえー。その準備はしませんしー、もー少しキャラクターを増やしてみるのですよー。三人だけではないと思いますしー」
さんにんだけとよそうしてごにんだったら、まずにせんだめーじ。さらにはずしてためんばーがいればさらにせんぽいんとずつだめーじ。かずがすくないとそれだけできけんだぜ。
「ではー、そーですねー。……昔のパックを確認してもいーですかねー?」
すきにしたまえ。きおくりょくになんのあるきみではでーたなしのよそうはむずかしかろう。ゆるす。
「ではー、確認してみるのですよー。……ほほー。《ツインバレル・ドラゴン》はザ・デュエリスト・ジェネシスで登場していたのですかー。……せんせー?」
どうしたね。
「5D'sの2パック目はクロスローズ・オブ・カオスなのですけどー」
ぶらろのぱっくがどうしたね。
「C(チェーン)を見つけたのですよー」
……たかすしょちょうじっそうとか、だれもよろこばんよ。
「ですよねー。ではー、この予想はやめておくのですよー。……やはりサイキック族が多いですねー。ディヴァインが出ないのはもったいないのですよー」
ぱっくにはしゅうろくできるだろう、もんだいないぜ。
「《共闘するランドスターの剣士》は城之内くんのボイスが追加されそーですねー。……クリムゾン・クライシスはBFの登場パックですねー。/バスターも目立っているのですよー」
ぶらろすらっしゅばすたーがでるっておもってた。
「ボマーのカードがありますけどー、最初のメンバーにはびみょーですかねー。敵キャラクターですからねー」
たしかにさいしょはらいばるやみかたがおおい。
「レイジング・バトルはBFが完成したパックですねー。《D・リモコン》は強いですねー」
あどばんてーじかいふくってだいじ。
「《深海のディーヴァ》……ほほー。《地縛神 Ccapac Apu》があるのですよー」
なにっ。
「地縛神を切り札にした鬼柳京介……いーえ、ダークシグナーの姿では出ませんかねー?」
りんくすだと、へるかいざーみたいにさいしゅうしんかけいででそう。きりゅうはまんぞく、だーくしぐなー、ふまんぞくにしんかするから、くらっしゅたうんへんのすがたじゃない?
「ふむー。【インフェルニティ】はひじょーに凶悪なデッキですけどー、《インフェルニティ・デーモン》がなければ実装できるかもしれませんねー」
それはいんふぇるにてぃじゃない。
「ではー、鬼柳京介も予想に加えておくのですよー。地縛神を切り札にして、《インフェルニティ・デーモン》が0枚でしたらー、今からでも出せそーなのですよー」
いんふぇるにてぃねくろまんさーはしゅびにせんあるぜ。
「別に問題ないのではー?」
ぐぬぬ。
「2年目の春のパックはエンシェント・プロフェシーですねー。弱いBFに紛れて《BF−大旆のヴァーユ》が登場しているのですよー。コアキメイルやフォーチュン・レディが出たパックですねー」
びみょうそう。そういえばえんしぇんとふぇありー……まありんくすではでてもよかろう。さいきんのふぃーるどまほうがわるい。
「夏のパックはスターダスト・オーバードライブですねー。セイヴァーが登場していますしー、なにより《クイック・シンクロン》が出ているのですよー」
くいっくろんはとうぶんでないよ。とりっきーがうるれあだし、わんきるしやすいしね。
「レプティレスや儀式魔人登場のパックでもあるよーですねー。びみょーですかねー。……5D'sのパックはびみょーなカードばかりなのではー?」
いまのかーどはあどばんてーじかいふくがきほん。そりゃあよわくみえるもんさ。
「そーいうものでしょーかー。アブソリュート・パワーフォースは…………」
どうした。
「いちおー、《バトルフェーダー》や墓守や儀式魔人が入っているパックなのですけどー」
なかなかいいじゃないか。
「パックの特色が見えませんかねー。《太陽龍インティ》と《月影龍クイラ》や、《太陽の神官》が登場しているのですよー。《ドリル・ウォリアー》もありますかねー」
どりるうぉりあーはつよい! やったぜ!
「5D'sは仲間のデュエリストが少ないシリーズでしたかねー?」
がくえんのなかまばっかりのじーえっくすとかよりは。でもでぃーえむよりはなかまおおいとおもうぜ。でゅえるしないなかまばっかりなだけで。
「そーいえばそーでしたねー。冬のザ・シャイニング・ダークネスは《ブラックフェザー・ドラゴン》が看板のパックですねー。《黒羽を狩る者》が出ていますからー、KONAMIはBFをひじょーに警戒しているよーですねー。ちなみにBFは《BF−そよ風のブリーズ》や《BF−熱風のギブリ》が出ているのですよー」
ぎぶり! れべるごしょくされたぎぶり! ほかにはなにもないかんじ?
「《キーマウス》やエレキが出ていますしー、インフェルニティも強化されていますねー。《インフェルニティ・ビートル》や《インフェルニティ・ブレイク》が出ているのですよー」
いったいがにたいになるのはつよい。
「3年目のデュエリスト・エヴォリューションは……アマゾネスが強化されていますねー。《アマゾネスの里》や《アマゾネスの闘志》が出ているのですよー」
それまででてなかったのか。びっくりだ。
「《ADチェンジャー》、《エフェクト・ヴェーラー》、《シンクロ・フュージョニスト》、《ダブル・サイクロン》、《ナチュル・バンブーシュート》、《ビーストライザー》、《ミラクルシンクロフュージョン》、《幻獣の角》、《強欲で謙虚な壺》、《神の警告》、《スクラップ・ドラゴン》ほかスクラップたちが登場しているのですよー」
かみぱっく! べーらーとけいこくとごうけんがおなじぱっくででていただと!
「スクラップ使いはいませんからねー。キャラクターの予想には役立ちませんけどー、とてもいーパックですねー」
とうじはだぶさいもじゅーぶんつよかった。なんてこったい! こりゃあやべえぱっくだぜえ。
「夏のパックはスターストライク・ブラストですねー。《シューティング・スター・ドラゴン》が看板なのですよー」
あくせるしんくろ! いいな! したいな! しんますたーるーるではりふぁいばーつかえっていわれたからな! やっぱりますたーるーるがいちばんだぜ!
「カラクリが出たパックですねー。《グローアップ・バルブ》、《フォーミュラ・シンクロン》、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》、《異次元グランド》、《虚無空間》、《速攻のかかし》、《地天の騎士ガイアドレイク》、《調律》、《馬の骨の対価》、《ワイトメア》が出ているのですよー」
なかなか。ふぁいぶでぃーずはさんねんめになってほんきだしたかんじあるな!
「1年目にシンクロデッキが暴れましたからねー。2年目はおとなしくしていたのですかねー」
だが、やつははじけた!
「秋のパックはストーム・オブ・ラグナロクですねー。真六武衆の出たパックなのですよー」
すとーむおぶろくぶしゅう!
「エレキやBFは連続して収録されていますねー。《ドッペル・ウォリアー》、《フリッグのリンゴ》、《活路への希望》、《禁じられた聖槍》、《夜叉》が収録されているのですよー。そして極神、極星、真六武衆が入っていますねー。……チームラグナロクはふつーにデッキを組んでも回りにくいですからー、ハラルドやブレイブは実装されても問題ありませんねー。きっと最初は出ませんけどー」
どらがんだけつよい! あいつだけかんたんにとーるだせる!
「最後のパックはエクストリーム・ビクトリーですねー。《アンノウン・シンクロン》、《スクラップ・コング》、《ミスティック・パイパー》、《安全地帯》、《透破抜き》が出ていますねー。《サイ・ガール》、《沈黙のサイコウィザード》、《静寂のサイコウィッチ》、《寡黙なるサイコプリースト》もここで出たのですよー」
ぱっけーじがなぜかじゃんくばーさーかー! ぱっけーじなのにかつやくしない!
「TGと《ライフ・ストリーム・ドラゴン》が出ていますねー。……そーいえば、龍亞がとーじょーしますとー、《ライフ・ストリーム・ドラゴン》はいつ出るのですかねー?」
さいしょからでててもいいよ。あれ、でぃふぉーまーとあいしょうよくない。もっとこう、なんかほしかったところ。あたらしいでぃふぉーまーでさぽーとしてほしいところ! くりすたるうぃんぐでいいなんてひどい! ひどいぞ! れべるへんこうこうかをついかしたい!
「ふむー。全パックを見てもよくわかりませんねー。そもそも遊星のライバルはそんなに多くありませんからー……プラシドでしょーかー?」
いーんでない?
「どーですかねー。スターターデッキも見てみるのですよー。最初のスターターは……《ギガンテック・ファイター》は今でもそこそこ強いですねー」
あいうちでふっかつするのつよい。
「2年目は……主人公のイメージが強いですねー。キャラクターの予想には役立たないかもしれませんかねー。《ロード・ウォリアー》が出ているのですよー」
そりてぃあくぇーさー!
「3年目は《ジャンク・デストロイヤー》ですねー。ではー、わたしの予想をまとめるのですよー」
こい! ぼくのよそうはゆうせい・じゃっく・あき・るあ・るか! しょきふぁいぶでぃーずめんばーだ!
「わたしの予想は遊星・ジャック・龍可・鬼柳・牛尾さんなのですよー」
へえー。うしおさんねえ。
「プラシドも考えましたけどー、ライバルはイベントでやってきそーですからねー。ところでー、少し気になったのですけどー」
なにかな。
「海馬くんが『粉砕!』を持っているでしょー? クロノスせんせーも持っているでしょー? そーしますとー、5D'sではジャックと牛尾さんのどちらが持ってくるのですかねー?」
ふうむ。なあるほどね。わからん。
「最初の攻撃力3000の敵と考えますとー、牛尾さんになるのですよー。しかしですねー、攻撃力3000で力押しするライバルと考えますとー、ジャックになるのですよー。《モンタージュ・ドラゴン》はたまたま攻撃力3000になっただけですからねー」
じゃありょうほうで。
「ジャックかもしれませんねー。力こそパワー! ですからねー」
じゃっくはそんなこといってないよ。
「しかし、パワーデュエルにこだわっていましたからねー。ではー、わたしはジャックと予想しておくのですよー」
ぼくはそのよそうをじたいだ。いわれてみればどっちもありそう。
「そーいえば、せんせーは何の用事で来たのでしょーかー?」
りんくすにふぁいぶでぃーずくるぞいやっほうう! それだけだよ。まあ、しんくろとかちゅーなーのよそうもそこそこしたし、いいかんじ? さいこへるすとらんさーとかさいしょのぱっくにはいりそうだよね。
「チューナーのあるデッキとないデッキで格差ができそーですかねー」
はんようちゅーなーをつかうのだ! そんなやついたっけ。
「《アンノウン・シンクロン》でしょーかー」
それはまずい。
「《グローアップ・バルブ》ですかねー?」
きさまもときんしかーどだろ。
「せんせーはアキさんが実装されると予想しているのでしょー? レベルアップ報酬で1枚手に入るかもしれませんよー?」
うんえいがくるったか、ますたーでゅえるをできるようにするか、どっちかないとそれはむりです。ぶらろをしんくろして、こうかとおらなかったらはちしんくろするぞ! あれ、べつにつよくないな。
「そーでしょー?」
いいやだまされん。そもそもしょくぶつはすでにいろいろやらかしてる。いやまて。ぎゃくにありか? でもしんらからばるぶはきついな。やっぱりなしだ。おーくのこうかつかってふぃーるどあらしてばるぶをちゅーにんぐとか、わんきるいがいのなんでもない!
「そーですねー。森羅がありましたねー。ではー、無理でしょーかー」
ちゅーなーのなかでもとっぷくらすにやばいやつだからな! てふだゆうはつとかじゃなくて、ちゅーなーとしてやばいやつだからな! まだまださき! でもでたらつかうよ。だってしんくろおもしろいもの。
「そーですねー。わたしもシンクロ召喚は好きなのですよー」
ゆうせいがくるまでとうみんしておくか。ぼくはそろそろここでりだつ、だいすをふりながらふとんにくるまりくーらーをかけておくぜ。
「布団を捨てて窓を開けたほーが健康になれるのですよー」
すべてのへやにまどがあるとおもうなよ! みっしつさつじんなめるな! でもぼくてきには、かんぜんはんざいしたいなら、かんしかめらのないこうえんのみずうみに、ばらばらしたいをすてればいいとおもう。いきものがたべてくれるよ。
「ははー……。どーでもいい知識なのですよー」
ごがつ、ろくがつ、しちがつ、そしてはちがつ。まあふぁいぶでぃーずじっそうがきまったからもういいだろう。よにんのひがいしゃにもくとう。さあ、ちからをためるとき! もーめんとはんどすぴなーをぐるぐるまわしてたーんえんど!
「なにを言っているかわかりませんねー」

「……せんせー?」

「いなくなったのですかねー」

「ではー、また次の機会にー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 15:12
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしのシンクロ召喚(1)
しんくろしょうかん!
「はっ! せんせー……せんせーなのですかー?」
しんくろしょうかん! もんすたーをちゅーにんぐ! ひびけ! じゃんく・しんくろん!
「せんせーなのですかねー?」
こんにちは。せんせーだよ。
「ははー……。なにをしているのでしょーかー?」
いや、なに。でゅえるりんくすにそろそろしんくろしょうかんがどうにゅうされそうだからはりきっているのさ。
「ひじょーに読みづらいのですよー」
かんじをつかえというのですか! せっしょうな!
「せんせー? せんせーなのですかー?」
もちろんせんせーだとも。なにをこんきょにうたがっている! しょうこはあるのか!
「ははー。せんせーが壊れてしまったよーですねー。いつものことなのですよー」
いや、それはちがう。
「今日は何の話なのでしょーかー?」
まあ、とくになにということもなくね。でゅえるりんくすにようやくしんくろしょうかんがじっそうされそうなけはいがかんじられたから、これはしんくろしょうかんのはなしをするしかないとおもったのさ。ぐたいてきなぷらんはかんがえずにきてみたよ。
「どーして平仮名なのですかねー?」
ひらがなはうちゅうをすくう! ちきゅうをほろぼすことによって! でゅえるりんくすにばたばたとへんこう・こうしんがおきているきょうこのごろ。おおきなへんかをみっつあげてみようか。
「ふむー。新しーストラクチャーデッキが出ましたかねー」
それがひとつ。つぎは?
「万丈目くんに新しースキルが追加されましたねー」
それがふたつ。つぎは?
「……新BOXの予告でしょーかー? いーえ、ヨハンが登場したことですかねー」
それがみっつとよっつ。つぎは?
「せんせー? 三つだけではなかったのですかー?」
ついにこんげつちゅうにあらたなれべるじょうげんかいほう! つまりあたらしいれべるあっぷほうしゅう! これはまちがいなく、あのかーどがてにはいるはず!
「びみょーに自信がなさそーですねー」
そう! みんなだいすきやみぞくせい! ぼちやみさんたい! 《だーく・あーむど・どらごん》!
「ははー……。《ダーク・アームド・ドラゴン》ですかー。どーですかねー。強すぎるのではないでしょーかー?」
いや、くる! こい! こいこい! まんじょうめくんとはなんのかんけいもないけど、あーむど・どらごんなんだからゆるされるはずだ! りゆうはみっつある!
「何でしょーかー?」
ひとつ! まんじょうめくんのれべるあっぷほうしゅうは、いまのところ、とてもかなしい! いべんととか、でゅえるほうしゅうでてにはいるものばかり! これはかなしいですね!
「ふむー。たしかにびみょーですかねー」
ふたつ! そんなまんじょうめくんでたたかえといわんばかりに、あたらしいすとらくちゃーでっきとすきる! これはれべるあげのみかえりもおおきくてとうぜん!
「どーですかねー? 強いカードは手に入るかもしれませんけどー、ストラクチャーデッキやスキルはかんけーないのではー?」
みっつ! おーしーじーでえらったされたでぃすくがい! あれはでゅえるりんくすにじっそうするじゅんびとみてまちがいない! まちがいない! つまりえどのれべるあっぷほうしゅうになるにちがいない! ちがいない!
「ふむー。それはそーかもしれませんねー」
つまり! でぃすくがいがありならだむどもあり! これがよっつ! そしていつつ! しんくろがきたらでぃーえむやじーえっくすのきゃらくたーはかげがうすくなるはず! でもかげがうすくならないように、きょうりょくなかーどをじっそうするはず! じょうさいくじらやじょおうさまのように! つまりまんじょうめくんにはだむどがひつよう!
「《ダーク・アームド・ドラゴン》はシンクロ召喚との相性がとてもいーですしー、万丈目くんのカードでもありませんしー、かんけーないと思うのですよー」
かんけいある! あるったらある! ななつ! つぎのぼっくすであんこくかいのとりひきがしゅうろくされる! これはだむどをつかえというめっせーじ!
「いーえ、ふつーに収録しただけだと思うのですよー」
やっつ! つぎのぱっくでますくどひーろーあんきがとうじょうする! うれしい! これはだむどをつかえというめっせーじ!
「ふつーに収録しただけなのではー?」
いろんはみとめない! みとめない! ここのつ! だむど、きて、ほしい! いじょう!
「なるほどー。せんせーは《ダーク・アームド・ドラゴン》を使いたいのですねー」
そのとおり! ぼちやみさんたい! だむど! だむど! さらにだむど! さんたいのだむどでだいれくとあたっく!
「3枚は駄目なのですよー! 1枚でも強すぎるのですよー!」
しったこっちゃない! よはん! よはん! よはんがよわい! ますたーでゅえるをよこせ! ほうぎょくのはんらんで、おまえたちぜんいん、ぼちにながしてくれるわ!
「ふむー。たしかに宝玉獣は使いにくそーですかねー」
らんくせん! けーしーかっぷ! けーしーかっぷにつかうでっきがない! でぃーひーろーでかてるきがしない! だむどをよこせ! だむどがほしい!
「ほほー。せんせーは【D-HERO】を使っているのですかー」
しんらにやられる! わんしょっときる! でもけんとうじゅうにかてる! こずみっくさいくろん! へいずにぜったいかてる! でぃしじょんがい! さいばーえんじぇるにそこそこかてる! でぃしじょんがい! あいてのじょうきゅうもんすたーをふうじて、でっきぎれにおいこんでしまえ! でもしんらがこわい! しんらがつよい!
「ふむー。【森羅】は運がひつよーなデッキですしー、それ以外に勝てるのでしたら、いーのではー?」
あんこくかいにまける! わんたーんきる! ろっくでっきにもそこそこまける! じょきょがほしい! だからだむどがほしい! ぼち・やみ・さんたい! だーくあーむどどらごん! ふせかーどをさんまいはかいしてくれるわ! ふはははー!
「ふむー。でしたらー、せんせーが【暗黒界】を使えばいーのではー?」
それは、なんか、いやです!
「使いやすいデッキなのですよー?」
はっ! さてはきさま、つかっているな。あんこくかいをつかっているな! よくも! よくも! らいふがはっせんだったら、おまえなんて! おまえなんてこうだ! ぼうりょくで、せんこうせいあつしてくれるわ!
「そーですねー。わたしもレベルアップ報酬は気になっているのですよー。《青眼の亜白龍》が出ませんかねー?」
それはない。
「1枚だけでいーのですけどー」
おるたなてぃぶがでるなら、しんくろもえくしーずもでる。とりしゅーらとか、でる。
「いーえ、そこまで強いカードではないのですよー?」
のーこすととくしゅしょうかん! こうげきりょくさんぜん! じょきょこうか! そせいできる! あれが、てにはいるのは、かいばくんの、れべるきゅーじゅうきゅーのほうしゅうです! れべるまーっくす!
「い、いーえー。そこまで強くはないと思うのですよー」
とてもつよい! とてもつよい! でるわけがない! それよりもまえに、ついんばーすととかがでる! あれならぎりいける!
「いーえ、《青眼の双爆裂龍》は戦闘破壊されませんからねー。今出ても強すぎるのですよー」
おるたなてぃぶよりまし! ついんばーすとをはかいできるおるたなてぃぶ、ちょうきけん! ありえないありえない! それより、しんくろのはなししようぜ。よそうするよ! ごがつのちゅうじゅんかげじゅんにしんくろがくるね! もしはずれたら、ひとをころしてもいい!
「それはやめたほーがいーのですよー」
なら、くびをつってもいい。ほかのひとの。
「やはりやめたほーがいーですかねー」
ふぁいぶでぃーずじっそう! されろ! ぶらっくろーずどらごんで、きさまらすべてけしずみにしてくれるわ! あとは、そるきうすをにたいそせいして、なぐるだけ。かんたーん!
「4枚の手札をどーやって補充したのですかねー?」
さんだーどらごん! ぼるかにっくばれっと! そのへんで! ひとつ! どうか!
「ふむー。わたしもシンクロモンスターは使いたいですけどー、1ターンキルがはやりそうですかねー?」
だいじょうぶ! こうかをけずればいい! ぶらっくろーずどらごんのこうかをけずればいい! このかーどがしんくろしょうかんにせいこうしたとき、なにもしない。にかきかえればいい! ほら、これでだいじょうぶ!
「それは《ブラック・ローズ・ドラゴン》ではありませんかねー」
じゃんくしんくろんのこうかもかえればいい! このかーどがしょうかんにせいこうしたとき、じぶんのぼちのれべるにいかのすぴーどうぉりあーをとくしゅしょうかんする! これでだいじょうぶ!
「【ジャンクドッペル】が組めなくなるのですよー」
どうせくめない! どうせくめない! くませてくれない! だったらばりきてりうむだ! ばりきてをとくしゅしょうかん! おろかなまいそうはつどう! すぴーどうぉりあーをぼちにおくる! じゃんくしんくろんしょうかん! こうかはつどう! ごうけいれべるはきゅう! こいとりしゅーら! これでかてる!
「《おろかな埋葬》はまだ出ていませんかねー」
しんじてる! じょうのうちくんがこんどこそもってきてくれるって! れべるあっぷほうしゅうになるってしんじてる! そうえんのけんしじゃないってしんじてる! ほしいかーどはぜんぶじっそうされるって、しんじてる! ぶらっくろーずとぶりゅーなくととりしゅーらでよんせんぽいんとをけずりきれ! これがでゅえるだ! さいしょのばとるふぇいずでけっちゃくをつけられないなんて、おくれてるう!
「ふむー。シンクロ召喚の話と言いましてもー、《水晶機巧−ハリファイバー》の話にはならないよーですねー」
はりふぁいばー! さんぜんえん! ごせんえん! はりふぁいばー! そんなかーど、ぼくはしらない! ますくちぇんじをさんかいつかってあんきでさんかいだいれくとあたっく! ぼくのかちだ!
「伏せカードで防がれそーなのですよー」
でぃーひーろーにますくちぇんじをいれればたたかえる! でも! べいぱーとごうかがつかえない! あぶそるーとぜろ! のばますたー! あれをくれなきゃたたかえない! とくに、みずのひーろーは、よわい! おーしゃんではたたかえない! ばぶるまんでもたたかえない! ますくちぇんじはありがたい! ふぉーむちぇんじもでてこい! でてこい! ひーろーぜんぶでてこい! おねすてぃねおすできさまのらいふをけずりきる! これがでゅえるだ!
「スピードデュエルでは強すぎますかねー」
ますたーでゅえるをよこせ! すきるはつかえなくていいから、ますたーでゅえるをさせてくれ! みよ、そこにころがるあわれなるいしころ。そはほうぎょくじゅうなり。でんせつのちからやどしえらばれたものとともにたたかう、ななつのいしのけものなり。されどけものどもはすぴーどにしばられ、いまやみるもむざんないしとなりけり。かれらのちからをとくほうほうはひとつ。すぴーどのせかいをうちやぶり、しんなるでゅえるのすてーじにたつことなり。さすればはんらんとかこだいとしとかほんとうのちからがめざめ、そこそこまあまあたたかえるようになるであろう。こもんじょにはこうしるされている。いまこそふういんをとくとき!
「せんせーは宝玉獣が使いたいのですかー?」
そこそこ。きゅうきょくほうぎょくじんがきまればまだたたかえるって、しんじてる。
「ふむー。ヨハンのレベルアップ報酬は強いかもしれないのですよー?」
どうせいのりとかです。いのりはいまさんまいあってもいいくらいです。ほうぎょくじゅうのよわさなめるなよ! てんかいしたらてふだがへるんだぞ! つよくないもんすたーをてんかいしたのに、てふだがへるんだぞ! しかもさぽーとなしではまほうわなぞーんをどくせんするだけのへんなやつなんだぞ! こんなじょうたいでたたかえるものかよ! ほんだくんがぞうしょくしたくらいじゃあ、このいかりはおさまんねえぜ。
「ははー。宝玉獣はあまり強くありませんからねー。きっと強化されるのですよー」
ぼくはしっている。おーしーじーでもきょうかされたけど、そこまでつよくはないんだってしっている。でもぐるぐるまわすほうぎょくじゅうもへんだし、いまくらいでいいよ。でもりんくす! りんくすではよわすぎる! ねえまほうわなぞーんっていつつあったよ? ぼくのしってるゆうぎおうではそうだった! いつつないとはんらんできないのに! みっつじゃまんぞくできない! もっとだ! もっとかんきょうがかそくすれば、ほうぎょくじゅうだってそこそこつよくなるはずだ! だからだむどがでればいい! しんくろがでればいい! ぼくはそのひまでしふくのはやぶさとかすのさ。きみはけーしーかっぷでなにでっきをつかうのだね?
「そーですねー。新しーボックスにバージェストマが入っていますからねー。【バージェストマ】と【森羅】と【暗黒界】のどれかですかねー」
きさま! わんしょっとつかいか!
「【バージェストマ】はワンショットではないのですよー?」
あたらしいすとらくちゃーにはいっていたしんくろひーろー! あれはしんくろがちかいというめっせーじ! ぼくはそのひまでたえる! たえてたえてたえてたえたぞお! しんくろはまだか!
「全然耐えていませんねー」
それじゃあまたこんど! よこくしておこう! つぎにぼくがぴんぽいんとれっすんにきたとき、でゅえるりんくすにしんくろがじっそうされている! そのときこそ、ぱーとつーのはなしをしよう!
「ははー……。よくわからないせんせーでしたねー」
また! つぎのきかいに!
「また次の機会にー」
またつぎのきかいに!
「また次の機会にー」
また!
「……」
た!
「……」
 
「……? いなくなったよーですねー。何だったのでしょーかー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 18:31
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしの藍神ごっこ(2)
突如としてデュエルリンクスに訪れた告知。それは『わたし』の思惑を大きく外れるものであった。『メンテナンスなんてない』。前日の発言をあざ笑うがごとく、運営はメンテナンスに取り掛かる。KCカップのランキング反映、そしてクロノス教諭の再訪。ゲームを次の段階に進めるため、これは避けられないことだったのかもしれない。空白の二時間。そこに現れる1体の『せんせー』。次回、遊戯王ピンポイントレッスン、『藍神ごっこpart2』。イントゥザデュエルリンクス!
「ははー……。せんせー? それは何なのですかねー?」
よくぞぼくだと見破ったね!
「いーえ、ふつーにわかるのですよー」
さて。予想外に午前中告知で結局メンテナンス入りしている現状、とりあえず方界の話の続きをしようか。ちなみにKCカップの内容はどうだったかな?
「まだランキングはわかりませんけどー、30,000位以内には入れたはずなのですよー」
それは上々。ぼくも目指してみようかと思ったけど、まあ、シャインRチケットが1回なかったくらい、大したことじゃないと判断してやめておいたよ。《オイスターマイスター》もすでに3枚確保しているし、あとシャイン加工で手に入れたいものといえば3枚目の《鳳凰神の羽根》と未取得の《ディノインフィニティ》くらいだからね。大した問題ではない。
「いちおー取っておいたほーがよさそーでしたからねー。ふむー。プレミアムSRチケットの使い道に困りますかねー」
普通に《レッドアイズ・インサイト》でいいんじゃないかな? 長く使い続けられるカードといえばそれくらいしかないし……。少なくともぼくはそうするつもりだよ。
「すでにシャイン加工を持っていますからねー。無駄になってしまうのですよー」
使わないプレミアム加工を選ぶほうが無駄になるんじゃないかな……?
「ふむー。もー少し考えてみますかねー」
まあ、交換を忘れさえしなければ最悪なんでもいいと言えばいいけどね。入手機会はまだまだあるだろうし……。さて! それじゃあ昨日に引き続き、主に《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を使ってデュエルするため、手札から公開する=デッキに投入する候補となる方界カードを見ていこうか。まずはこれだ! 《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》!

「デッキに入らないカードですねー」
召喚条件は《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》3体! さらに融合素材を代用することはできず、融合召喚以外の方法で特殊召喚することもできない! よってこのモンスターを融合召喚する場合、本当に《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を3体揃えることになる! とはいえ、手札に《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を揃えた場合、どちらかといえばそれらの正規召喚を狙ったほうが相手のライフにダメージを与えられそうでもある。必ずしも邪神にしなければならないとは言えない!
「ふむー。攻撃的な効果ですけどー、ひじょーに出しにくいですねー」
まあね。相手の効果対象にならず、効果では破壊されず、攻撃力は4500で、攻撃時に相手のライフを半減させ、モンスターを戦闘破壊すれば2回目の攻撃権利を得る。ライフポイントが8000しかないということをわかっていない疑いもある超々攻撃的モンスターだよ。
「4の効果が気になりますかねー」
ああ、これだね。自分が効果ダメージを受けた場合、それと同じ数値の効果ダメージを相手にも与える。この効果の恐ろしい点は2つ。まず、自分が自分に効果ダメージを与えた場合も発動する点。そして1ターンに何度でも発動する点だ。このため、融合素材とした《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を再び手札に戻して召喚条件の方界カード3種類も揃えてハイ特殊召喚、という血のにじむ努力に成功した場合、エンドフェイズにお互いに3000ダメージ→相手にだけ追加の3000ダメージというオーバーキルが発生する。いや、実際のところ、おそらく相手はバトルフェイズで死んでいるから、そんなコンボは起こらないんだけどね。
「ふむー。悪用できそーな効果ですねー」
ちなみにお互いに《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》をフィールドに出した場合、1度効果ダメージが発生した途端、互いの邪神が『お前にもダメージ』を連呼し続け、どちらかのライフが尽きるまで終わらない無限ループが形成される。
「《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》を出したターンに勝負が決まっているのではないでしょーかー?」
奇跡的に耐えたんだろう、おそらく。超々攻撃的な邪神ではあるけど、守備表示モンスターを攻撃した時は普通に攻撃力が高いだけのモンスターだからね。次元領域デュエルのルールゆえか、この攻撃性でありながら貫通効果は持っていない。それが付け入る隙になるかは微妙なところだけど……。ちなみに、方界の動画とやらは確認済みかな?
「確認していますけどー、《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》を出す動画は見ていませんかねー」
なに……? じゃあそこを突けばぼく独自の見解とやらを展開できる可能性もあるのか。まあそれができるかどうかはともかく、次はやはり専用融合カードを見てみよう。ガッシーン。《方界合神》だよ。珍しいトラップ融合カードだ。

「1の効果はびみょーですかねー」
悪くはないけど、使い勝手で言えばどうしても普通の《融合》でいいからね。ただ、このカードは2の墓地効果がびっくりするほど強い。自分フィールドの方界モンスターが戦闘破壊、またはなんらかの理由でフィールドを離れた場合に発動可能。つまり、リリース・シンクロ素材・リンク素材に使った場合でも対応可能だ。手札かデッキのレベル4以下の方界を特殊召喚し、そのターン、戦闘でも効果でも破壊されない。
「とても強い効果ですねー」
しかも《方界業》と同じく、同名カードの発動回数制限もなければ墓地へ送られたターンにも発動可能。ついつい《PSYフレームロード・Ω》で使いまわしたくなるくらいに強い。
「《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を出せればよかったのですけどー」
それだと強すぎて《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》一択になってしまうからね。呼べるのはつまり、《方界胤ヴィジャム》とそれを組み込んで強くなる方界獣・方界帝だ。召喚条件を無視して特殊召喚できるから安心してほしい。
「どのよーなカードを呼べばいーのですかねー?」
おや? それを動画で確認していないはずはないんじゃないかな……。
「いちおー見ましたけどー、《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》が出ていましたかねー」
お、そこへ行くか。その通り。じゃあ、ひとまずサポートは後回しにして、そろそろ方界獣・方界帝の話に移ろう。まずは方界獣からでいいかな……?
「どちらでもいーのですよー。メンテナンスが終わるまでの暇つぶしですからねー」
ぼくのことをかなり軽く見ているようだね。まあいいさ。それじゃあ、まずは方界のキーカード、《方界胤ヴィジャム》と《流星方界器デューザ》だ。そうそう、《方界合神》で《流星方界器デューザ》を呼び出すのも悪くはないかもしれないな。

「そーですかねー? 《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》を出したあとで蘇生するほーがいーのではー?」
すでに墓地にいるならね。じゃあ、まずは方界獣から行こうか。いや、その前にヴィジャムを再確認だ。遊戯王では時々出る、攻撃力・守備力ともに0のモンスター。当然効果が強い。
1.戦闘破壊耐性
2.戦闘相手のモンスターをアンディメンション化し、自身は別次元に移動
3.再び元の次元に戻ってくる
この3つの効果が特徴だね。
「説明する前よりわからなくなっていますかねー」
特徴的なのはやはり2の効果だね。ヴィジャムが相手モンスターと戦闘を行うと、ダメージステップ五段階の5、ダメージステップ終了時に永続魔法となり、相手モンスターに方界カウンターを置く。方界カウンターが置かれたモンスターはアンディメンション化されたため、この次元においてはまともに機能せず、モンスター効果は無効となり攻撃もできない。……とはいえ、映画のような活躍がOCGでできるかと言えば、微妙なところではある。
「そーですねー。わたしでしたらー、ふつーにアンディメンション化したモンスターをリンク素材にしますかねー」
それが現実だ、ターンエンド。そして3の効果でヴィジャムは永続魔法からモンスターへと再び姿を変えられるわけだけど、リンク召喚された相手モンスターに先に除去されるという展開が見えて仕方がない。このため、OCGにおいてはよほど遅い相手以外には、『戦闘破壊耐性が機能することもあるかなあ?』、または『自爆してダメージを受けてでもあのモンスターを無力化する』。おおむねこの2つの使い道が、ヴィジャム単体での活用法となるね。
「次元領域デュエルではありませんからねー」
あれは強いモンスターを出すほどリスクが上がるという、ぼく好みのルールだ。王国編までのルールに似ているところもあるね。しかしOCGにおいてはステータスは高いほどいいんだよ! と言われるので、こちらもステータスを上げるしかない。そろそろ行くよ! ヴィジャムを1つ組み込み、《方界獣ダーク・ガネックス》を次元特殊召喚!

「ほほー」
方界獣モンスターは自分フィールドの方界を墓地に送った場合のみ特殊召喚できる! ちなみにレベルの数が『自分+組み込む方界の数』となっており、レベル2の《方界獣ダーク・ガネックス》を出すのに必要な方界モンスターは1体。つまりヴィジャムを召喚し、それを墓地に送ることで手札の《方界獣ダーク・ガネックス》を出せるというわけだ。
「攻撃力1000ですからー、少し弱いですねー」
いや、かなり弱いよ。方界はほとんどのモンスターが元々の攻撃力・守備力ともに0なのも特徴だね。正規の方法で出した《方界獣ダーク・ガネックス》は攻撃力が1000ポイント上がる。ヴィジャム1体につき1000上がるイメージだ。そしてモンスターを戦闘破壊した時、自分を墓地へ送り、墓地のヴィジャム2体と入れ替わる効果がある。さらにこの時、次の進化先である《方界獣ブレード・ガルーディア》をデッキから手札に呼び込める。つまり、戦闘を行うごとにさらなる形態へと進化していくイメージだ。たまらないね。変形合体!
「攻撃力1000でモンスターを戦闘破壊するのは難しーですかねー」
ところがそうでもない。どちらかといえばこの効果、一番の問題点は『相手フィールドにモンスターがいない』状況であって、大抵のモンスターなら殴り倒せるよ。そう、《方界波動》を使えばね!

「ほほー」
《方界波動》によって《方界獣ダーク・ガネックス》の攻撃力は2000となり、相手モンスターの攻撃力は半分となる。つまり攻撃力4000未満のモンスターが攻撃表示でいさえすれば、確実に戦闘破壊できるわけだ。
「《フォース》のほーが強いですかねー」
やめるんだ。というか、それなら、雰囲気もなにもあったものじゃないけど、《月鏡の盾》という最終奥義もあるにはある。方界の名を持っている分、《方界波動》を選ぶメリットは十分にあるけどね。

「ふむー。墓地から2体の《方界胤ヴィジャム》を特殊召喚するとなりますとー、《おろかな埋葬》が必要なのですかねー?」
2体までだから1体でもいいんだけど……まあ、なるべく墓地に送っておきたいところだね。一番便利なのは《方界業》の1の効果だ。墓地に置くと強い《方界業》は手札に握っていても強い。自分の方界モンスターの攻撃力を、デッキから任意の枚数ヴィジャムを墓地に送ることで1枚につき800上昇させるよ。最大2400アップ!

「2400アップしていますとー、3体のヴィジャムは全員デッキにあったことになるのですよー」
《流星方界器デューザ》を代わりに使って方界獣を出したのかもしれない。さて、そんなこんなで《方界獣ダーク・ガネックス》が無事に役目を終えたなら、《方界獣ブレード・ガルーディア》を手札に持ち、フィールドには《方界胤ヴィジャム》が2体という状況が揃う。
「そーですねー」
ただ残念なことに、OCGの方界獣・方界帝はバトルフェイズ中の進化を行えなくなった。ということは、メインフェイズ2か次の自分ターンのメインフェイズ1で進化するしかない。
「びみょーですかねー」
せっかくの攻撃性がもったいないね。ちょうど海外でKozmoが暴れていた時期のことだから、なにか自粛の必要性を感じたのかもしれない。しかし! 映画のままでも全然よかったと思うけどね! さて、しかしどう言ってもOCGのテキストを個人的に書き換えるわけにはいかない。《方界獣ブレード・ガルーディア》は組み込んだヴィジャムが2体、よって攻撃力は2000ポイント! さらに条件なしの2回攻撃効果を持つ! よって直接攻撃できればダメージ4000!

「2000の2回攻撃ですからー、あまり強くはありませんかねー」
問題なのがこのモンスター、これまた進化の条件として、相手モンスターを戦闘破壊したら入れ替わりますと言っている。この攻撃力で、だ。このため、方界獣を使って展開する場合、使いまわしの効く《月鏡の盾》は実際に有効な手立てとなる。2枚目の《方界波動》をシャイニングドローできるというなら止めはしないけどね。
「わたしは《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を使いたいですからー、方界獣はあまり興味がありませんかねー」
しかし方界獣も方界帝も入れず《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を特殊召喚するのはかなり厳しいからね。まあ、流し気味にでも聞いてくれたまえ。そして四苦八苦の末に相手モンスターを戦闘破壊したのなら! 今度は3体のヴィジャムと入れ替わり、最終進化系《方界超獣バスター・ガンダイル》を手札に加えられる!
「デッキからだけなのですねー」
まあ、墓地からいけるよと言われても、墓地に《方界超獣バスター・ガンダイル》が行くことは普通はないからね。ただ、すでに引き込んでいた場合だけが残念だ。ではレベル4、《方界超獣バスター・ガンダイル》!

「攻撃力3000ですねー」
攻撃力0という表記はなんだとばかりに攻撃力3000だね。一応『方界モンスター3体を墓地に送る』だけが条件だから、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》3体を墓地に送って出しても構わない。少なくとも相手は度肝を抜かれるだろう。
「意味不明な行動ですねー」
さて、しかしこの《方界超獣バスター・ガンダイル》、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》単体になら見劣りしないほどの攻撃性能を持っている。何の条件もなく3回攻撃可能! ……まあ、これを見るに、1度のバトルフェイズで進化・追撃を繰り返すのはやりすぎだというKONAMIの判断もわからないではない。攻撃力3000の3回攻撃だからね。しかしこのカードの強い点は実はそれだけではなく、相手によって墓地へ送られた場合の蘇生効果だ。このモンスターは戦闘破壊達成ではなく、やられることが蘇生効果の条件。ただ、よく見るとこの蘇生効果はそれまでとは別物だったりする。
1.蘇生対象がヴィジャム→方界モンスターに拡大
2.サーチ先が次の進化系→方界カードすべてに拡大
3.サーチではなくサルベージを選ぶことも可能
と、かなり自由度がアップしている。
「ほほー。そーしますとー、《流星方界器デューザ》も特殊召喚できますねー」
それだけでなく、進化前の形態もだ。《方界超獣バスター・ガンダイル》は『正規の方法でのみ特殊召喚できる』と書いているけど、《方界獣ダーク・ガネックス》と《方界獣ブレード・ガルーディア》は『正規の方法で特殊召喚できる』。つまり、一度正規の方法で出せば、墓地から蘇生が可能なのさ。よって、ガンダイルがやられたのでガネックスとガルーディアとヴィジャム出すね! と宣言できる!
「ほほー……。しかし、《方界胤ヴィジャム》3体や《流星方界器デューザ》のほーがいーのではー?」
まあ、そうだね。ちなみに方界カードをなんでもサーチということは、ここから《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》に一気に飛んでいくことも可能ではある。また、《方界合神》で《方界超獣バスター・ガンダイル》を召喚条件を無視して特殊召喚していた場合、まだ《方界胤ヴィジャム》が3枚墓地にないから出せるものだけ選んで出す、という流れも考えられる。パワフルな攻撃性もさることながら、後続との連携も優秀。ただまあ、一番わかりやすい展開は、ヴィジャム3体を蘇生した上で墓地の《方界超獣バスター・ガンダイル》自身をサルベージするというものだけどね。
「ほほー? そーですねー。自分も手札に加えられましたかねー」
きみは一体動画から何の知識を得たのかな……。
「いーえ、特殊な動画でしたからー、カードの使いかたはあまりわからなかったのですよー」
それは参考としてどうなんだろう……。まあいい。次は方界帝だ。《方界帝ゲイラ・ガイル》!

「攻撃力800ですねー……」
手札からの特殊召喚に成功した場合、相手に800ダメージ。つまり《方界超獣バスター・ガンダイル》のような蘇生効果で繰り返しダメージとはならないわけだ。そして、戦闘さえしていれば、相手モンスターを倒せずともダイレクトアタックであろうとも、次の進化への布石を揃えられる。ヴィジャム2体を蘇生し、《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》をデッキから手札に加える! まあ、方界獣と似たり寄ったりの展開だね。
「そーですねー。戦闘破壊しなくてもいーですけどー、戦闘すべき相手がいないと思うのですよー」
攻撃力800ではかなり難しいだろうね。ちなみに《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》。まあ、これも似たり寄ったりだよ。800の倍数、組み込んだヴィジャムが2体だから攻撃力は1600。そして戦闘したダメージステップ終了時、ヴィジャム3体までと入れ替わって《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》を手札に加える。

「方界獣も方界帝も、レベルの低いモンスターは使いにくいですねー」
しかしレベルの低い順に進化していくのだから難しい。《方界合神》と《方界業》を全力で使えば、召喚条件無視の最終形態→ヴィジャムを組み込み攻撃力2400→やられてもヴィジャム3体蘇生&自身を手札に戻す、と、過程を無視した進化ができなくもないけどね。
「それも難しそーですかねー」
さて、頼みの綱のインディオラだ。方界のエースみたいなところもあるこのカードだけど……。攻撃力2400、相手に800ダメージと、基本的な攻撃性能だけを見ると、《方界超獣バスター・ガンダイル》に大きく見劣りする存在だったりする。攻撃力3000の3回攻撃に対して、800ダメージの2400で1回攻撃ではね……。

「蘇生効果も同じですねー。……方界獣のほーが使いやすそーですかねー?」
《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》のために、違う種類の方界をある程度は入れる必要があるからね。駄目元の全種類投入なんてどうだろう。
「駄目元では意味がないのですよー!」
ちなみに方界モンスターがもしもバトルフェイズ中に特殊召喚できた場合、インディオラで攻撃力の高いモンスターに自爆特攻し続けることで、相手のライフを800ずつ永遠に削ることも可能だったりする。まあ、自分のライフが先に尽きる可能性もあるし、第一その場合、名称ターン1の縛りが付け加えられるだけだけどね。
「ふむー……。映画ではしていませんでしたかねー」
次元領域デュエルの場合、ルールによって自分が2400ダメージを受け続ける大出血コンボになるからね。
「なるほどー。それは使いにくいですねー」
さて……方界獣も方界帝も組み込まずにデッキを作るのは難しいけど、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の召喚条件は方界カード3種類。一応魔法と罠も全部確認していこう。あまり存在感のない《方界輪廻》。テキストの長い1の効果だけを持つよ。

「ははー……。びみょーですかねー?」
どちらかといえばあと一歩で面白くなりそうな左下のパスワードに注目が行ってしまうカードだ。相手の直接攻撃宣言時にのみ、その相手モンスターを対象に発動するトラップ。さらに墓地効果もない。相手にのみ《地獄の暴走召喚》させ、そのすべてのモンスターの攻撃力を0にしてアンディメンション化する。ここまでなら《聖なるバリア −ミラーフォース−》やその派生で十分だ。……いけない、そろそろクロノス先生が来た頃か。ペースを上げよう。さらに手札のレベル4以下の方界を召喚条件を無視して特殊召喚! これが最大のご褒美だね。
「……《方界合神》の墓地効果のほーが強いのですよー」
それが最大の悲しみだね。あいにく、モンスターの素材転用が常識となっている今のOCGでは《方界輪廻》は非常に使いにくい。そしてフォローも浮かばないので次に行くよ。《方界曼荼羅》! 自分フィールドに方界モンスターがいる場合のみ発動可能! このターン破壊された相手モンスターを好きな数だけ蘇生し、攻撃力0でアンディメンション化する! この効果の利点は、戦闘しなければならない方界獣や方界帝、そして相手モンスターがいれば2回攻撃可能な《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》と《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》、つまり攻撃する方界すべてにとって重要な、『標的モンスター』を用意できることにある! ただこの効果の問題点は、このターンに一度破壊した相手モンスターしか蘇生できないことにある。この問題さえクリアすればなかなかデッキに合ったカードとなるね。

「ふむー。《ブラック・ホール》を発動しますかねー」
《方界ブラック・ホール》がない以上、まあ、そのあたりになるかな。方界帝にしてみれば直接攻撃でも構わないところだから、それ以外の方界と組み合わせる形になるね。ちなみに蘇生したモンスターが1体でも残っている限り相手モンスターの効果は『手札誘発でも』無効になるから、特殊召喚の素材にできないモンスターを放り投げて時間稼ぎや妨害封じに転用するのもアリだ。汎用性は低い代わりに、コンボとしては非常に使い甲斐があるカードと言えるね。……というところで、方界については以上かな。そろそろメンテナンスは終わっているはず……。
「ふむー。方界獣か方界帝を入れるしかなさそーですねー」
ぼくはまず方界獣ベースに、方界帝を1枚ずつ入れてみよう。方界の特徴をまとめると、数枚のカードが合わさりさえすれば、そこからサーチ・サルベージ・特殊召喚でデッキの動きを安定させやすいこと、そして戦闘に比重の偏った効果の数々だね。事故を覚悟で《方界波動》は3枚だ。よし……さて、ここに『わたし』という標的が1人。デュエルしてみるのもいいかもしれないな……?
「はっ!? 試されているのですよー! ふむー。デュエルリンクスにアクセスしてから考えるのですよー」
ぼくの住む地域ではVジャンプは1日前倒しで発売される……。明日はそれをじっくり読みたいから、1日置いて、Vジャンプの発売日にまた来るよ。イントゥザデュエルリンクス!
「また次の機会にー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 17:30
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしの藍神ごっこ(1)
あれから長い月日が経った……。
「はっ! せんせーが今さら来たのですよー!」
その台詞はぼくを歓迎する定型句になりつつあるようだね。ぼくの登場頻度が少ないばかりにこんなことに……!
「いーえ、歓迎はしていないのですよー。今はKCカップの最中ですからねー。わたしは忙しーのですよー」
ああ、デュエルリンクスだね。今回のKCカップは明日の昼に終わるから、そろそろ佳境といったところか。ぼくもなんとか今日、ぎりぎり1stステージでデュエリストレベルMAXになって2ndステージに突入したところだよ。
「ほほー? そーしますとー、せんせーはランキングの最下位なのではー?」
いや、連敗スタートだったものの、一応1勝してDP1001になっているから最下位ではないね。まあ、元々先月デュエルキングになっていたし、1stステージのジェム報酬さえ貰えればあとは別にいいかなとね。ランキングのよほど上位に行かない限り、2ndステージはどのあたりでも報酬が似たり寄ったりだからね……。
「ふむー。わたしはプレミアムウルトラレアチケットがほしーのですけどー、なかなか難しーですねー」
そもそもデュエルリンクスの対人戦は、トータルでの勝ち数を求められるところがあるからね。ぼくは勝率が悪くとも面白いことができるデュエルを好むのに……。そんなわけで、シンクロ実装までは少し距離を置いてみようかとも思っているんだ。
「ははー。相手がサレンダーしたのですよー。通信状況が悪くなったよーですねー。持ち時間を使った甲斐があったのですよー」
マナーが悪いな……。どれどれ。リプレイでも残してくれないかな。きみ以外のフレンドはつい先日、登録を全解除したところでね。最近他人のリプレイに飢えているんだ。
「なぜ解除するのですかねー」
まあ、思うところあってね……。やはりゲームは不特定多数の人間が絡むと性質が変わってくる。ぼくはタッグフォースで育ったところもあって、どうも1人でデュエルをするのが好きみたいなんだ。
「タッグフォースは対戦機能があったはずなのですけどー」
ないよ。
「いーえ、あったはずなのですよー」
ありません。さて、そんなこんなで面白いデッキを探して幾時間、今日は方界の話をしてみようかと思うよ。きみたちの記憶に、ぼくは住んでいるのかい?
「きみたちではありませんかねー」
こんな台詞を聞かせる相手が二人以上いるという時点で藍神くんもなかなか隅に置けないね。ぼくなら『きみたち』『あなたたち』なんて言葉は決して口にしないな。複数人とコミュニケーションを取る機会なんて普通はないからね。
「ははー……。せんせー? なにかあったのですかねー?」
なにもないよ。ということで、ぼくの信じるエンタメデュエルのためにこのモンスターをまずは見よう! 《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》! 方界モンスターの中でもひときわパワフルなモンスターだ。攻撃力3000!

「ほほー……。なかなか強いモンスターですねー」
おや。きみは劇場版をブルーレイかDVDで見ていたはずじゃないかな。
「いーえ、知っているモンスターですけどー、最近は見ていませんでしたからねー。忘れていたのですよー」
きみの記憶には住んでいなかったというわけか……。手札から方界カードを3種類見せることで効果発動! 手札の《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》は特殊召喚できる!
「ふむー。特殊召喚できる攻撃力3000ですからー、ふつーに強いですねー」
原作の延長に現れた方界には似合わないけど、レベル10だからランク10の《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》あたりに繋げることもできる。自身のランフ削り能力も含めれば有効な戦術だね。
「もー1度映画を見てみますかねー?」
ああ、じゃあぼくもまた見てみたくなったから、ここで見るのはどうかな。ぼくたちの時間ごと数十倍速で流せばすぐに済むからね。
「そーしますかねー」
じゃあ外の体を操って、と……。どこにしまっているのかな。
「いーえ、データを取り込んでいますからー、これを流すだけでいーのですよー」
ははは。今すぐ消さないときみを殺すよ。
「はっ!? なぜか脅されているのですよー!」
不正なコピーは禁止だ! 削除削除! さて、外のどこに隠したのかな。
「段ボール箱の中ですかねー」
じゃあ探させている間にデュエルリンクスの話にでも戻ろうか。ぼくは環境デッキをコピーするだけの単純作業に耐えられなくて【芝刈り岩石】を構築してみたんだけど、きみはどんなデッキを使っているのかな。
「環境デッキのコピーなのですよー?」
…………。まあ、人の真似をして人の上に行くには、それ相応のものが求められるからね。ランキング上位は諦めるんだ。
「はっ!? 今度は馬鹿にされているのですよー!」
結果だけを求めた上に結果も出せないなんて悲しいね。
「明らかに馬鹿にされているのですよー!」
しかし実際のところ、敗者に慈悲などない対戦システムではそのうちデュエリストの精神が限界を迎えてしまう。シンクロ召喚とマスターデュエルの実装を切に願うね。マスターデュエルは良い。すぐ結果に飛ばずに、過程を堪能した上で勝敗が決まるからね。
「わたしは1ターンキルが好きですかねー」
まあ、きみの言う1キルは脳筋アタックのことだからね。それは構わない。あらゆる障害を排除し抵抗の余地も残さない1ターンキルは相手にしたくないけどね……。お、見つかったようだよ。さて、それじゃあ視聴開始だ。始まるよ。
「ほほー。キュルキュルキュルキュル」
キュルキュルキュルキュル
「ふむー。やはり面白いですねー」
ふふふ。これは良い。モチベーションが上がるというものだよ。ということで、改めて見てみよう、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》だよ!

「ふむー。なぜ《方界胤ヴィジャム》からではないのですかねー? 《方界胤ヴィジャム》は【方界】のキーカードなのですよー?」
まあ、ぼくの一番の興味が《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》に向いているからだね。見たまえ。攻撃力3000でモンスターを戦闘破壊すれば2回攻撃可能。《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》に似ているようでいて、よく見れば連続攻撃ではないから少し選択肢の広い良いカードだ。
「このカードは3の効果が一番強いと思うのですけどー」
まあ、それはそうかもしれないね。しかしこの高い攻撃性能あっての3の効果だ。1の効果は海馬くんの発言通り、自分の攻撃力以下のモンスター効果を受け付けない効果。ただし『発動した効果を』だから、永続効果で攻撃力を下げられたりといったことはありうる。もっとも、仮に《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の攻撃力が0になろうとも、元々の攻撃力3000以下のモンスター効果であれば常に受け付けないから、そこまで気にすることではないかな。
「そーですねー。そもそも、このカードは相手ターンに存在していないかもしれないのですよー」
出たターンで勝負を決めるということかな。まあ、なにしろ非常に攻撃的だからね。1の効果のモンスター効果耐性、2の効果の2回攻撃。そして3の効果はエンドフェイズに強制発動する無差別な効果ダメージだ。お互いのプレイヤーは3000のダメージを受ける。仮に攻撃力0の攻撃表示モンスターのみが相手フィールドにいたなら、2回攻撃と効果ダメージで1ターンに与えるダメージは9000! 1ターンキルが成立する!
「なぜ攻撃力0を攻撃表示で出したのですかねー?」
攻撃力0を攻撃表示だと? ナメているのか? からの、本当にナメていた展開だよ。
「ははー。びみょーな1ターンキルですねー」
勝っても満足できないだろうね。さて、こんな攻撃特化の《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》、しかし召喚条件として、手札にあるこのカード以外の方界カードを3種類見せなければならない。ということは、デッキには多種多様な方界カードを投入するか、数種類を入れた上でそれを全力でサーチするか、どちらかのプランが考えられるね。
「方界のサーチカードはなかったと思うのですけどー」
いや、一応ある。というより、方界はサーチテーマと言ってもいい。しかしダントツで使いやすいサーチと言えばこれかな。《方界業》。墓地から除外すればデッキから任意の方界を手札に加えられ、墓地へ送られたターンでも発動可能。しかも同名カードの発動回数にも縛りがないと来た。

「どーやって墓地に送るのですかねー?」
《流星方界器デューザ》が一番シンプルな方法かな。週刊少年ジャンプの付録で登場していまだ再録されていないこれを出せば、デッキから任意の方界カードを墓地に送れる。すると《方界業》を使ってすぐさま任意の方界を手札に加えられる。専用の《おろかな埋葬》か《おろかな副葬》になりつつ《E・HERO エアーマン》にもなれるという必須モンスターだよ。

「ほほー。映画には出ていませんけどー、強そーですねー」
ちなみに方界には、現状で召喚条件のないモンスターがたった2種類しかない。うち1つがこの《流星方界器デューザ》。もう1つは《方界胤ヴィジャム》だね。そして召喚条件付きの方界は自分以外の方界モンスターを要求するものばかりだから、2種類のうちどちらかを引き込めなければそもそもまともに動くことも難しい。このため、《方界業》を墓地に送るための《おろかな副葬》も必須カードと考えられる。

「ほほー? 難しそーですねー」
劇中での藍神くんは《流星方界器デューザ》を所持していなかった可能性もあるから、もしかしたら彼のデッキに通常召喚可能なモンスターは《方界胤ヴィジャム》3枚だけだったかもしれない。つまり、OCGより遥かに危険なデッキということに……。
「ほ、ほほー。大変ですねー」
まあ、《方界降世》のようなヴィジャム展開用カードを用意していたあたり、案外そう不安定でもないのかもしれないけどね。いずれにせよ独特の動きなのは確かだ。さて、こういったサーチ行動を序盤から取ることができれば、『方界獣』・『方界帝』・『暗黒方界神』いずれかの戦術へと繋げることができる。サーチに対応しているというだけでも《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》は使い勝手が良く見えてくるね。
「ふむー? そーですねー。そーしますとー、最初のターンから《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》で攻めることもできるのでしょーかー?」
運による。
「ははー」
まあ、後攻を取って手札枚数を増やしつつ、1ターンキルを目指せれば理想だけどね。ただ、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》はモンスター効果以外には耐性がないから、あえて先攻での展開を狙い、まず効果ダメージを与えつつ《神の通告》をすり抜けて3ターン目に勝負を決めるという手も考えられる。最初からライフを5000にされた状態で後攻1ターン目を迎えれば、相手はライフコスト系のカードが非常に使いづらくなるだろうからね。
「なるほどー。たしかにライフポイント5000ですとー、スピードデュエルで『LP増強α』を発動した場合と同じですからねー」
しかも新マスタールール対応のカードプールで、だ。初期手札5枚から《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を出すのは難しいかもしれないけど、出されたら出されたで相手だって難しい。《神の通告》を発動しても発動しなくても結局死ぬ、という状況は誰だって嫌だからね。
「そーしますとー、先攻を取るべきですかねー?」
結局はほかのカードとの兼ね合い、そして相手に先攻を渡しても展開を許してくれそうか、という計算によるね。ただ、マッチ1戦目の先攻から《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を出せれば間違いなく楽しいだろう。それこそがぼくの求めるエンタメデュエル。どちらかだけが一方的にやられるのではない、2人揃って死に向かうデュエル……最高だね。
「《パワー・ボンド》のよーなものですかねー?」
それはそれで悪くないと思うけど、それはどちらかだけが死に向かうデュエルかな。いや、結局は似たようなものか。自分がエンドフェイズに死ぬリスクと引き換えに、相手をバトルフェイズで殺しに行く。……いいじゃないか。伏せ除去にこだわりすぎて《やぶ蛇》を引かないように気を付けよう。

「いーえ、確実に倒すために伏せカードはすべて破壊するのですよー! 《聖なるバリア −ミラーフォース−》を使われたくはありませんからねー」
あれはミラーフォースのようなカード……。
「ほんとーにミラーフォースかもしれないのですよー!」
だとしても、案外伏せカードなんて気にしないものだ。発動しなかったからブラフブラフ平気平気ドカン。馬鹿な! わしにも覚えがある。
「ふむー。《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を見ていて思ったのですけどー」
なんでござろう。
「藍神くんのデッキは方界モンスターを展開するものだったのですよー」
きみも藍神くんと呼ぶのか……。まあ、そうだねかわいいね。
「そーしますとー、最初のターン以外では《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を出しにくいのではないでしょーかー?」

まあ、手札に《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》自身を含む方界カード4枚だからね。見せるうちの1枚が別の《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》でもいいけど、当然、自身はカウントできない。それにそもそも、その方界カードは手札に持っていて嬉しいものか? という点も気になるところだ。仮に方界カードがインフェルノイドのような墓地にあってこそ意味のあるカードばかりだった場合、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を特殊召喚する際に相手に見せた3枚によって、相手はこう思うはずだ。『あの3枚、死に札だよね……』と。
「そーですねー。強いカードがあればいーのですけどー」
強いカード……。あるにはあるけど、どこから見せていけばいいかな。まずはサポートカードかな……?
「《方界ブラック・ホール》のよーなカードはありませんかねー?」
なにかな、その、センスがないから既存の物を流用したと言わんばかりのネーミングは……。
「フィールドの方界以外のモンスターをすべて破壊するのですよー」
なかなか強いね。そんなものはないけど、ただ、時としてそれ以上に強いカードはある。《方界波動》がそれだね。

「ほほー。……なるほどー。《方界フォース》ですねー」
その変なネーミングをやめるんだ。
「しかし、《フォース》にとてもよく似ているのですよー」
まあ、まあね。しかし相手の攻撃力を奪うわけではないから、似ているだけで効果は別物だよ。
「そーなのですかー?」
よくテキストを読むんだ。それに、仮に《方界フォース》だった場合、ネーミングは《トリーズン・方界・ディスチャージ》のほうがよくないかな。
「ははー……。《方界ース》のほーがましですかねー」
劣化させた上にそれ以下だと言われた! ええと、《方界ース》こと《方界波動》は、対象の方界モンスターの攻撃力を倍に! 倍に! 倍に! して、対象の相手モンスターの攻撃力は半分にする。しかも、数値変動は永続的だ。おわかりいただけただろうか。
「はっ!? 《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》が攻撃力6000になるのですよー!」
そして《方界波動》が発動できたということは、相手フィールドには表側モンスターがいるわけだ。この、リンク召喚がはやり始めた今の時期なら、守備表示になれないリンクモンスターが大きな顔で攻撃表示をしている可能性は十分にある。そこを! 攻撃力6000と化した2回攻撃モンスターによって! ブラァ! オラァ! と連続で殴る! 蹴る! の暴行を加え、それでも死ななかった勲章ものの相手には、トドメの効果ダメージ3000で死に至らしめる! 圧倒的な暴力! 非道なまでの攻撃性! これが方界コンボだ!
「ははー。攻撃力6000の2回攻撃ですかー。とても面白そーですねー」
おっと、興味を持ち始めたか。参ったな……。ぼくも《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を使う【方界】を組むつもりなんだけど……。まあ、かぶったらかぶったでミラーマッチも悪くないかもしれないね。毎ターンお互いが3000ダメージを受けるデュエルだ!
「ほほー! それはとても過激ですねー!」
ハイリスク・ハイリターンを堅実に運用していくという矛盾……。しかし達成できたなら、自分にも敗北の可能性を与えつつ豪快な勝利をもぎ取るデュエルができる! それこそが今のぼくが目指すデュエル! 勝敗よりも先に、過程を存分に楽しみ尽くさなければ満足は訪れない!
「せんせー? ほかの方界カードの話が聞きたいのですよー」
ははは。いいだろういいだろう。やっときみもぼくの偉大さがわかってきたようだね。
「いーえ、別にせんせーに聞かなくてもいーのですけどー、いちおー意見を聞いておきましてー、あとでWikiを見て動画を見てデッキを組むのですよー」
……堅実と言えば堅実だけど、こう、たまには自分で考えてデッキを組んでみてもいいんじゃないかな。自らの理性でデッキを作り上げ、知力の限りを尽くすのがデュエルよ。――アスリン
「アスリンはコピーデッキと組み合わせて使われることが多いのですけどー」
キャラクターがプレイヤーに乗っ取られる仕様の弊害だね。ただの自虐になってしまう……。たしかにそのあたり、不安ではあるな。遊星さんの《くず鉄のかかし》が遅延デッキに使われるというイメージ崩壊。カットインが入ろうものなら完全にキャラクター性を見失ってしまう。まあ、そちらは置いておこう……。とりあえず、今回はここまでにしておいてもいいかな。
「ほほー。でしたらー、先に動画を見ておきますかねー」
まあ待ちたまえよ。
「なんでしょーかー?」
もしもきみが動画を見たあとで、ぼくがその内容を超えたなにかを1つも言えなかったとしよう。ぼくが悲しい思いをするじゃないか。
「いーえ、せんせーが動画を見ていなければ問題はないのですよー」
……きみは(ははー。これは動画でやっていたところですねー)と思いつつぼくの話を黙って聞くのかな。
「いーえ、ふつーに言いますかねー」
そうなるとぼくが悔しいから、やはりもう少し待ってほしい。
「それでは動画を探しますかねー。また次の機会にー」
ちょっと待った!
「なんでしょーかー?」
デュエルリンクスをしなくていいのかな。休憩なしで稼働し続けられるというきみの特性を活かせば、もしかするとランキング1位だって取れるかもしれないじゃないか。
「いーえ、夜起きている人に倒され続けるでしょー? 早起きの人に倒され続けるでしょー? 朝起きた人に倒され続けている間にKCカップが終わるだけなのですよー」
おや、意外と弱気……。じゃあデッキを見せてくれたらアドバイスをあげよう。心配しなくても、ぼくは強いデッキを追いかけることに疲れたからきみの工夫を奪ったりはしないよ。
「ははー。ではー、どーぞー」
…………。この《攻撃の無敵化》は?
「《猪突猛進》と《分断の壁》への対抗策なのですよー。最初に《剣闘獣ムルミロ》しかなかった場合でも使えますねー」
この《クリボール》は……?
「《封魔の矢》の対策ですねー。相手が【サイバー・エンジェル】の場合は《エネミーコントローラー》と一緒に伏せて使う時もあるのですよー」
へえ……。《分断の壁》が1枚も入ってないのは……?
「【剣闘獣】には《攻撃の無敵化》や《アヌビスの呪い》で戦闘破壊を防がれることがありますしー、【サイバー・エンジェル】には《ハーフ・シャット》のほーがよく効くのですよー。【陽炎獣】には《分断の壁》のほーがいーですけどー、《剣闘獣ヘラクレイノス》を出すのが一番効きますかねー」
《剣闘獣ヘラクレイノス》が出る……だと……?
「いーえ、出さないと勝てないデッキにしていますからー、ほかのカードを使って無理に出すのですよー」
『粉砕!』で攻撃力3000以上になってきた時はどうするのかな。
「あえて《エネミーコントローラー》を受けて守備表示になるでしょー? 《ハーフ・シャット》で1ターン耐えて殴り直すのですよー」
ぼくの知らない情報しか出てこない……。《剣闘獣ヘラクレイノス》が《エネミーコントローラー》で奪われた場合は?
「それを無効にするために《剣闘獣ヘラクレイノス》と手札を残しているのですよー?」
それもそうだ! ぼくが《隣の芝刈り》と《封魔の矢》を『リスタート』で揃えている間に、そんな一手間違えば死ぬデュエルをしていたのか……。
「それでは方界の動画を見てみますかねー」
普通に組んでみてからでもいいんじゃないかな……。少なくともリンクス界においては、きみはぼくより色々考えているようだ。
「いーえ、ただのコピーデッキですからねー。使って初めてわかったことばかりなのですよー」
……まあ、デッキの組みかたも人それぞれ、か。他人にオリジナルを要求するのは、コピーを強いるのと同列のことなのかもしれないな……。じゃあ、また明日、メンテナンスの最中にでも。
「明日はメンテナンスの予定なんてないのですよー?」
え? ま、また知らない情報が……。
「それではー、また明日の機会にー」
じゃあ午前中でも……? いや、午後でいいか。どうせクロノス先生の報酬なんて大したものではないだろう……。まだまだ《古代の機械究極巨人》なんて遠いはずだ。でも……出てほしいな。
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 18:17
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしの剣闘検討(1)
やはり来たか!
「ははー。せんせーが来たのですよー」
事前に心の準備はできていたけどね……。ぼくは決めたよ。第2回KCカップに持っていくデッキは【剣闘獣】だ。まさか《剣闘獣ベストロウリィ》や《剣闘獣ムルミロ》がただのレアなんてね。絶対に《剣闘獣ラクエル》よりも強いというのに……。

「ふむー。そーですねー。剣闘獣が来るとは思わなかったのですよー」
きみは使うデッキを決めたのかな……? まあ、いい。ということで、ぼくは今回『本当に剣闘獣でいいのか?』という疑問を解消しつつ『やはり剣闘獣!』という結論に到達できたらいいなという趣旨で現れたよ。やはりGXワールドに来るのはヨハン・アンデルセンかな?
「それはわかりませんけどー、わたしは【アンティーク・ギア】を使うのですよー」
へえ……。《古代の機械巨人》目当てかな?
「そーですねー。今のデュエルリンクスでは《古代の機械巨人》がとても強いですからねー」
ふふふ……。しかしどうだ! 剣闘獣はその《古代の機械巨人》をも倒せる! 《剣闘獣ムルミロ》の効果!
「せんせー? 《剣闘獣ムルミロ》の効果を発動するためには剣闘獣が戦闘で生き残るひつよーがあるのですよー?」
ん……? ちょっと整理してみよう。ああ、そうだね。剣闘獣はほぼ共通の効果として、『自身が戦闘したバトルフェイズのエンドステップに別名剣闘獣と入れ替わる』という効果を持っている。つまり、《剣闘獣ラクエル》を召喚して相手に直接攻撃したとすれば、それを《剣闘獣ムルミロ》にも《剣闘獣ベストロウリィ》にもできるわけだ。
「そーですねー。しかし、相手モンスターがいませんからー、《剣闘獣ムルミロ》にはしませんかねー」
なら《剣闘獣ベストロウリィ》かな……? 言い換えれば、《剣闘獣ラクエル》での直接攻撃は『あとで破壊するかもしれないけど、その伏せカード使わなくていいの?』と相手に問いかけていることにもなる。これが剣闘獣の強みだね。たとえば直接攻撃ではなく守備モンスターを攻撃した場合、その守備モンスターが気に入らなければモンスター破壊のムルミロに、先に伏せカードを消したいなら魔法・罠破壊のベストロウリィに入れ替わることができる。もちろんエンドステップでの入れ替わりだから追加攻撃はできないけど、攻撃するだけでアドバンテージに繋げるというのは相手にしてみれば厄介だ。それに、効果の発動時点ではなにを出すか選ばないから、チェーン発動で伏せカードを消費するのもいただけない。とはいえ、【アンティーク・ギア】には分が悪いか……?
「ふむー。そーですねー。剣闘獣にはあまり攻撃力の高いモンスターがいませんしー、ふつーに《古代の機械騎士》で破壊できますかねー」

スキルによる《古代の機械城》発動スタートなら、攻撃力2100だね。効果を発動したラクエルでなければ対抗できない。そう……剣闘獣は『バトルすることでバトルフェイズ中に効果を使う』というのが特徴。その効果はフィールドで発動するものだから、相手モンスターとバトルする場合は決して戦闘破壊されてはいけない。だから《和睦の使者》あたりがお友達なんだけど……その《和睦の使者》がまだ実装されていないからね。《ホーリーライフバリアー》を取れというのか……?

「ふむー。手札コストがありますからー、びみょーですかねー」
《分断の壁》や《エネミーコントローラー》あたりをうまく使って『戦闘した』事実を作りつつ入れ替わろうという目論見なんだけど……《ハーフ・シャット》はあいにく回収していなくてね。攻撃時に魔法・罠を使わせないアンティーク・ギアに対抗するには《シールド・ウォリアー》のようなモンスター効果が必要になるか。そして《シールド・ウォリアー》は実装されていない、と。少しWikiを見てこよう……。ふむー。そーなのですかー。
「はっ! 真似されているのですよー!」
《ウィルスメール》……だと……? しかしまだデュエルリンクスには実装されていないようだ。パンドラか闇バクラあたりが使ってきた気がするかな……。じゃあ、仮にぼくの作る【剣闘獣】ときみの【アンティーク・ギア】がデュエルしたとしよう。きみにとって厄介な展開はなにかな。
「そーですねー。手札にモンスターが来ないことでしょーかー」
それはどんなデッキ相手でも……ああ、そうか。【剣闘獣】なら初手にベストロウリィ以外の剣闘獣があればベストロウリィに変換できるからね。いや、例外もいるけど……。しかし、こうなると《ハーフ・シャット》を持っていないことが痛いな。あれさえあれば相手の《古代の機械巨人》を殴りつつムルミロ後輩に任せることもできるのに。
「ふむー。しかしですねー、【アンティーク・ギア】は自分が罠を使うことができますからー、《分断の壁》や《猪突猛進》で剣闘獣を破壊できるのですよー?」
【アンティーク・ギア】がどれだけ勢力を伸ばすかにもよるか……。仮に一番人気のデッキにまで上り詰めれば、相手の攻撃に対してしか使えないカードは上位ではほぼ使われなくなる。つまり、それらを弱点とする剣闘獣の割り込む余地はある。……とはいえ、真っ向勝負で【アンティーク・ギア】に勝てる要素が特にないのなら、勝つために【剣闘獣】を選ぶというのは違うかな。
「ふむー。そーですねー。剣闘獣の効果は強いですからー、毎ターン入れ替わり効果を使われると大変ですかねー」
ふむふむ。きみの意見を参考にしよう。じゃあ、その入れ替わり効果を使われないためにきみにはどんな手が打てるかな。
「そーですねー。ふつーにアンティーク・ギアで攻撃するのですよー」
ああ……うん。となると……《クリボール》で守備表示にして返しの一撃に繋げる? いや、しかしそこを除去されては意味がない。やはり《ハーフ・シャット》3積みなのか……? 《剣闘獣ガイザレス》……こんな時きみがいてくれたら……。

「《剣闘獣ガイザレス》は駄目なのですよー! 強すぎるのですよー!」
うん、まあそうだね。それは分かる。となると、基本的に【剣闘獣】は【アンティーク・ギア】に対して分が悪く、それでも勝ちたいなら《システム・ダウン》を3枚入れればいいじゃない、ということになるのかな。
「ごーいんですねー」
ようやくアスリンのレベルが38になったんだけど、どうも【サイバー・エンジェル】を新レギュレーション下で組もうとすると《センジュ・ゴッド》や《ソニックバード》の複数積みが推奨されるようだからね。無課金主義のぼくには実行できそうもない。となると、イベントで回収したカードだけで高い完成度を目指せそうな【アンティーク・ギア】に手を伸ばすのも……いや、しかし2枚目の《古代の機械巨人》までのレベル上げはさすがに無理だね。もうレベル上げ作業は勘弁してもらいたいよ。
「ふむー。【剣闘獣】を使うという話ではなかったのでしょーかー?」
ガイザレスをよこせとは言わない。ガイザレスを……いや、環境が【剣闘獣】一色になってしまうから、まだまだ先でいいよ。となれば今度のパックから使えそうなカードをチョイスするしかないな……。仮に《バーサーク・デッド・ドラゴン》が攻撃力3500で襲ってきたら、《古代の機械巨人》もひとたまりもないね。
「伏せカードで倒せますかねー」
くっ……。となればなんだろう。いや、《竜姫神サフィラ》を3枚獲得できれば【サイバー・エンジェル】でも戦える……? 9期らしい9期のカードを実装して大丈夫なのか、明らかに【サイバー・エンジェル】に取り入れろというメッセージ付きでの実装は安全なのか、という疑問があるけど……ぼくが使う分には問題ないかな。しかしそうなると、剣闘獣の話として始めたこの話はどこへ向かえばいいんだろう?
「ふむー。《無の煉獄》が出ますからー、【フルバーン】を使ってもいーのではー?」
ああ……いわゆる【スタンバイバーン】だね。しかしどうだろう。《無の煉獄》3枚、《八汰烏の骸》3枚、《強欲な瓶》3枚で9枚として、あと11枚をバーンカードにすればいいのかな? うまく回るか心配だけど……。
「《革命》が1枚でしょー? 《盗人ゴブリン》と《ファイヤー・ボール》が3枚入りましてー、残り4枚なのですよー」
さすがにモンスターもちょくちょく入れるとして……一応形になりそうではあるね。《サイバー・エンジェル−荼吉尼−》を警戒するなら相手ターンを《クリボール》や《タスケルトン》で流す必要もありそうかな。しかし1枚につき500ダメージなら8枚のバーンカードが必要になる。戦えそうだけど、その前に殺されそうでもある。難しいな……。
「【剣闘獣】を使うのでしたらー、【剣闘獣】で戦ってもいーのではー?」
そこに話を戻すかな……? まあ、改めて新パック『ギャラティック・オリジン』の内容に目を通すと……ライフを悲しみに叩き落としつつ、《コズミック・サイクロン》で伏せ除去を行うというのもアリかな。あらかじめ相手モンスターを守備表示にして《封魔の矢》で戦闘への介入を防ぐというのもいい。しかし、《サイクロン》より先に《コズミック・サイクロン》を実装するというあたり、デュエルリンクスのスタッフは素晴らしい着眼点を持っているね。9期以前の環境ならほぼ《サイクロン》のほうが上だからね……。

「1000ポイントのコストも重いですかねー。墓地発動のカードも少ないですしー、あまり使いたくはありませんかねー」
とはいえ、盤面の有利不利に関わることである以上、ライフコストもやむなしと言えなくもない。まあ、相手が【スタンバイバーン】だった場合は自殺行為になってしまうけどね。このあたり、完全に【スタンバイバーン】を排除するつもりはないということかな? 地雷デッキくらいの位置には残そうという……。《コズミック・サイクロン》入りの【剣闘獣】……これならきみにとっては脅威かな?
「ふむー。そーですねー。《古代の機械城》が除去されますとー、びみょーに困りますかねー」
ああ……そうか。《古代の機械城》でのリリース確保を前提に《古代の機械巨人》という重いモンスターを入れているはずだからね。となると……ペガサスで『マインドスキャン』を発動して、伏せカードを《コズミック・サイクロン》と《封魔の矢》で封殺、そして剣闘獣で……いや、いやいや。攻撃力の敵わない相手だった場合はどうすればいいんだろう。
「《突進》ですかねー?」
……なんだか、随分と懐かしいゲームになりそうだね。盤面でカードをぶつけ合って1枚減らす1枚減らされるの繰り返し……。シンクロ実装以前の環境としては確かにふさわしいかもしれないけどね。
「そーいえば、【レッドアイズ】は使わないのでしょーかー?」
ああ……どちらかといえば【真紅眼の不死竜】という感じだけどね。使えなくはないけど、伏せカードで威圧してくる《古代の機械巨人》に苦戦することが多くてね。《レッドアイズ・スピリッツ》を失った枠に《酸の嵐》でも入れようか……。
「ふつーに効きますかねー」
まあ、《真紅眼の不死竜》を供給できなければスキル『粉砕!』も使えないし、高攻撃力や除去効果のモンスターが増えてきたこの頃、そろそろ時代の幕引きになるんじゃないかな。【トゥーン】ほどではないにしても。
「そーですねー。《コズミック・サイクロン》が出ますからー、しばらくは使わないのですよー」
なんと薄情な。まあ、ぼくもきみのことは言えないけど……。初手4枚のデュエルで、剣闘獣と戦闘で生き残るためのカードと伏せカード対策のカードを用意しつつスキル『バランス』はエラッタされる。これもこれでうまくいかないかもしれない。では逆に考えてみよう。相手が《ハーフ・シャット》入りの【剣闘獣】を持ち出してきた場合、どうすれば倒せるかな?

「ふむー。そーですねー。魔法か罠で戦闘を防ぐしかありませんかねー。《猪突猛進》を使いますかねー?」
それは無理だね。《ハーフ・シャット》はダメージステップで発動できるんだから……。
「ほほー。そーなりますとー、カウンタートラップしかありませんかねー」
ということは、高確率で《ハーフ・シャット》+剣闘獣のコンボは成立することになる。となれば……剣闘獣自体を除去する? 効果破壊に耐性を持たせる《攻撃の無敵化》は、バトルフェイズにしか発動できない。
「ふむー。《底なし落とし穴》ですかねー?」
どうかな……。そのターンは防げるにしても、剣闘獣の疑似コンタクト融合は裏側のカードも素材にできる。いや、今は《剣闘獣ヘラクレイノス》以外に警戒すべきモンスターもいないか。なるほど……《底なし落とし穴》はなかなか良いね。ただしいつかは《剣闘獣ヘラクレイノス》になってしまうよ。
「召喚を無効にすればいーのですよー!」
そういうことをさせないために《王者の看破》が規制されたわけか……。たしかになんでもかんでも『無効にすればいい』ではカードの性質を無視しているも同然だからね。しかしこのまま行くと、ぼくには構築不能な《ハーフ・シャット》入り【剣闘獣】が好成績を収め、《ハーフ・シャット》のない【剣闘獣】は巻き添えで対策されかねない。《ハーフ・シャット》以外の優れたなにかはないかな……。
「《底なし流砂》はどーですかねー? 相手のモンスターのほーが攻撃力が高ければ倒せるのですよー」

使い切り除去としては悪くない……けど、相手のエンドフェイズというのが厳しいね。バトルは行わせてしまうんだから、バトルに対策できるなにかのほうがいい。【剣闘獣】以外でなら採用を考えられるかな……。それこそ【真紅眼の不死竜】に仕込んでみるのもいい。『粉砕!』の使える自分ターンでなければ相手に攻撃力負けしていることが多いからね。
「ほほー。なるほどー」
もはや見向きもされなくなったはずのカードに使い道を見出す……。本来こういった要素を楽しんでいたはずなのに、いつの間にか勝てるか勝てないかばかり考えるようになってしまったな。しかしだね、ランク戦100勝を目指すと誰でもこうなるものなんじゃないかと思うよ。
「ふむー。わたしはほんとーは【青眼の白龍】で戦ってみたいのですけどー、《分断の壁》が強いですからねー。今は【アンティーク・ギア】を使うしかないのですよー」
まあ、攻撃力3000で機械族なんだからきみはそれでいいんじゃないかな。大体分かった……つまり《剣闘獣アウグストル》にすべてを任せればいいんだ!
「ほほー? 【剣闘獣】は使わないのではなかったのでしょーかー?」
ここで《剣闘獣アウグストル》さんを見てみよう! なんとレベル8! 手札に来たら《休息する剣闘獣》でデッキに戻そう! そして剣闘獣効果で特殊召喚されると、手札の剣闘獣を守備表示で特殊召喚できるぞ! しかしこれはエンドフェイズにデッキに戻るから気を付けよう!

「ふむー。いちおー2体のモンスターは揃いますかねー」
ああ! しかしスピードルールにはメインフェイズ2が存在しないため、この効果で手札からモンスターを出したバトルフェイズのエンドステップからエンドフェイズまでは一直線だ! つまりマスターデュエルならできる『メイン2で素材化』ができない!
「……はっ!? 何の意味もないのですよー!」
いや、そうでもない。剣闘獣の特殊召喚された時の効果は、『剣闘獣の効果で特殊召喚された時』に発動するのであって、デッキからでなければいけないなんて制約はないからね。つまり手札の《剣闘獣ベストロウリィ》や《剣闘獣ムルミロ》を出して相手のカードを除去できるのさ!
「ほほー」
まあ、《剣闘獣アウグストル》を出す代わりにそれらを直接出せば手札を無暗に減らさずに済むんだけどね!
「やはり使えないカードなのですよー!」
しかし攻撃力2600! 『相手によっては』『役に立つかもしれない』高ステータスだ!
「使い道があやふやなのですよー!」
しかしどうだろう。レベル8なんだから《デーモンとの駆け引き》で《バーサーク・デッド・ドラゴン》が出せるよ。
「《青眼の白龍》でいーですかねー」
だったらどうしろというんだ!
「《ハーフ・シャット》を3枚入れれば強くなるのでしょー? 課金すればいーのですよー」
だからぼくは無課金で戦うと……今さら懐かしのネオ・インパクトなんて漁れるものか! どれどれ……うっ。健康を害しそうなラインナップだ……《魔導雑貨商人》以外に見て安心できるカードがなにもないだと……? ではこうしよう。ぼくは今から【剣闘獣】に《ハーフ・シャット》を入れなくてもいい理由を捏造する。きみは容赦なくぼくのプランを打ち砕いてくれたまえ。
「ほほー。わかったのですよー」
改めて話を戻そう。近日現れる新BOXの内容からして、デッキに入れる剣闘獣は《剣闘獣ラクエル》、《剣闘獣ベストロウリィ》、《剣闘獣ムルミロ》の3種が基本。いや、《剣闘獣セクトル》も強い効果をお持ちだ。この4体が基本戦力になるかな。

「ふむー。そーかもしれませんねー」
しかし剣闘獣の基本として、そもそも『剣闘獣で戦闘して生き残る』という条件を満たせなければ、彼らは使いようのない効果しか持たない効果モンスターとなる。戦闘という条件である以上、相手への直接攻撃でも条件を満たせるけど、今のところ直接攻撃をサポートしてくれるちょうどいいカードは実装されていない。
「つまり、モンスターとの戦闘で生き残るひつよーがありますねー」
そうなるね。ではいくつかのプランを考えよう。
1.そもそも剣闘獣はとても強いので相手モンスターに倒される可能性など考えなくてもいい。
反論をどうぞ。
「たしかに《剣闘獣ラクエル》は強いですけどー、ふつーに倒される強さですかねー」
そうだね。従って、なにもしなければ相手モンスターに倒されると考える必要がある。では次。
2.相手が守備モンスターを出してくる序盤に剣闘獣で攻撃を仕掛け、《剣闘獣ベストロウリィ》や《剣闘獣ムルミロ》の破壊効果で優位に立とう!
「ふむー……。ふつーに攻撃力2000いじょーのモンスターが出てくるのですけどー」
うん。すでに環境は生身の剣闘獣には生きにくいレベルにインフレしている。では次。
3.相手が強いなら自分がもっと強くなればいい! 《フォース》や《メタル化・魔法反射装甲》で剣闘獣を強化しよう!
「ふむー……。たしかに戦闘破壊はできるよーになりますけどー、相手の伏せカードが怖いですかねー」
そうだね。特に《フォース》はメインフェイズの時点で発動しなければならないから、自分が先に2枚以上のカードを出した状態で、さあ攻撃を止めてごらんと言うことになる。相手に止められれば後の反撃を防ぐにせよ受けるにせよ自分の消費が相手より多くなる。《エネミーコントローラー》がまだ幅を利かせている現状ではかなりリスキーだ。一方、《メタル化・魔法反射装甲》だけならどうかな?
「《メタル化・魔法反射装甲》はダメージステップで発動できますからねー。悪くはないと思うのですよー」
では《メタル化・魔法反射装甲》はOKと……。ようやく採用圏内のカードが現れたか……。次。
4.相手モンスターを効果で破壊! 《死者への手向け》を使って安全に直接攻撃だ!
「……? せんせー?」
うん。
「答えなければいけないのでしょーかー?」
まあ、一応ね。ぼくもこれはひどいと思っているけど、一応頼むよ。
「そーですねー。最初の手札が4枚でしょー? 手札コストのひつよーな除去カードを使っていては剣闘獣を守れなくなるのですよー」
はい、ありがとう。そう、剣闘獣の効果は一度発動すればそれで終わりというものじゃない。見事直接攻撃して《剣闘獣ベストロウリィ》で1枚破壊したところで、次に《剣闘獣ベストロウリィ》を戦闘破壊されて終わりだ。そして手札を浪費した挙句モンスターの維持もできなかったとなれば、残る手札は『剣闘獣の生存のためのカード』か『剣闘獣』、どちらかだけになりやすい。可能な限り、場に出た剣闘獣は守り続ける必要がある。では、次。
5.《ホーリーライフバリアー》を疑似《和睦の使者》として採用
「……ほほー。手札コストがありますけどー、ふむー。いーえ、やはり難しーと思うのですよー」
理由を聞こうか。
「そーですねー。そもそも【アンティーク・ギア】の攻撃には剣闘獣では対応できませんしー、先に《ホーリーライフバリアー》を使っていては効果が発動できなくなるのですよー」
倒せないと分かっている相手にわざわざ攻撃だけしてくれるはずもないからね。
「自分のバトルフェイズでしたらー、いちおー使えますかねー」
そうなるか……。手札コストがある上に《剣闘獣ダリウス》がまだ来ないから、《和睦の使者》の下位互換として使う形になるけどね。なにより《ハーフ・シャット》を使わない理由として苦しすぎる。……困ったな。これ以上のプランは、ああ、まだあったか。
6.そんなことより攻撃力1900の《剣闘獣アンダル》さんで攻め込もうぜ!

「…………」
コメントをどうぞ。
「そーですねー。いーと思うのですよー」
あ。投げたね。
「いーえ、《剣闘獣アンダル》の攻撃力は1900ですしー、《苦渋の決断》でサーチできますしー、墓地から《正統なる血統》で蘇生できますしー、《剣闘獣エセダリ》の素材になりますしー、とても強いと思うのですよー」
じゃあきみに使ってもらおうか。
「じょーだんではないのですよー! ただの攻撃力1900なんて戦えないのですよー!」
そうなるね。まあ、こんなところか……。結論としては、
7.いいから《ハーフ・シャット》3枚手に入れよう
こうなるね。
「そーなりますかねー」
じゃあぼくは【真紅眼の不死竜】に《コズミック・サイクロン》を入れたものでも使うとしよう。【磁石の戦士】でいけるかと思っていたけど、2体以上の高攻撃力モンスターを出された時に非常に巻き返しにくくてね……。これからは《コズミック・サイクロン》を活かせる地力の高いデッキの時代だよ。
「そーしますとー、【スタンバイバーン】に負けそーなのですけどー」
……。スキル『天使の微笑み』でライフを回復するのはどうかな。
「『粉砕!』が使えなくなりますかねー」
難しいものだよ……。しかし、ここのところパックの発売周期が縮まっている気がするけど、これはまた一か月に2BOX登場する流れになるのかな?
「どーですかねー。《銀龍の轟咆》が出ればいーのですけどー」
何のために《レッドアイズ・スピリッツ》を規制したと思っているんだ……。まだまだ先だよ。
「《蒼眼の銀龍》でもいーのですけどー」
ああ……シンクロも、まだまだ先だろうね。まあ、それらが出る前にヘルカイザー亮が出るだろうから、そちらのほうがきみにとってはいいんじゃないかな。
「はっ! 久々に《サイバー・ツイン・ドラゴン》を使いたいのですよー! 使いたいのですよー!」
さて……それじゃあまだ報酬も謎のKCカップ。前回同様のプレミアム券だけなら、そこまでがんばる必要もないんだけどね。また次の機会に。
「また次の機会までに《サイバー・ツイン・ドラゴン》がほしーのですよー!」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 17:36
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしの(電)磁石の戦士(2)
頭の動かない時は辛い物に限る……。まだまだランク戦100勝には遠いな。これもオートで進めてくれればいいのに。
「せんせーはデュエルをしたいのでしょーかー? 見たいのでしょーかー?」
自分の作ったデッキがオートだとどんな挙動をするのか……気になることはないかな? ぼくはタッグフォースでもCPU同士の対戦を観戦するのが好きだったからね。タッグフォースに比べると、どうもデュエルリンクスのAIは賢いようだけど、なぜこんなに高性能になったんだろう《電磁石の戦士β》だよ。

「ははー。いきなりですねー」
昨日までで大体、リンクス界の【磁石の戦士】については話していたけどね。ちなみに試しに20枚でデッキを構築したところ、著しく対応力が落ちた上にワンショットキルの算段もつかないで、しかもワンショットキル以外の勝ち筋がほとんどないという『パワーボンドリミッター解除サイバーツイン! それ以外は知らん!』みたいなデッキになったよ。素直に30枚近くのデッキを組んだほうがまだ勝てる……。
「ふむー? よくわからない話ですねー」
さて、《電磁石の戦士β》はストラクチャーデッキ‐武藤遊戯‐で登場したエレクトロマグネット・ウォリアーの1体。このモンスターだけはデュエルリンクスに実装済みで、武藤遊戯のレベルアップ報酬として、現状では1枚だけ手に入るね。
「そーですねー。わたしも持っているのですよー」
なかなかレベルを上げたようだね。その効果は、1.召喚・特殊召喚時に同名以外のマグネット・ウォリアーをサーチする。タイミングは逃さない。同名をサーチできないとはいえ、デュエルリンクス始まって以来の『エアーマン効果』だからね。これが強くないはずはない。
「そーですねー。しかし、なにをサーチすればいーのですかねー?」
OCGかデュエルリンクスかにもよるけど、【磁石の戦士】はどちらにしても、1ターンで強力な布陣を整えるというよりは、手札・フィールド・墓地の状況を整えるために何ターンか使うのが基本だ。つまり、次のターン以降に手札にあってほしいカードはなにか考えればいい。
「《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の足りないパーツでしょーかー?」
そうだね。特に《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》が手元にある場合はそれが最適解になりやすい。あとは、リンクス内での話をすると、『足りないパーツ=デッキに3枚ある』場合が多いから、1枚くらい手札に移動しても、あとで《苦渋の決断》が腐るパターンにはなりにくい。だからパーツ集めに専念するのが良いね。加えて、相手ターンでは《電磁石の戦士β》の2の効果で《磁石の戦士γ》を守備表示で出すことが多いから、《磁石の戦士α》や《磁石の戦士β》を優先するといい。
「ふむー。OCGではどーなのでしょーかー?」
ほかのエレクトロたちも視野に入れつつ、『ラスト・ギャンブル』……違った、OCGの話か。手札から捨てる算段があるなら《磁石の戦士δ》をサーチしておくのもアリだよ。いずれにせよ、《電磁石の戦士β》を出したターンはまだ待ちのターンであることが多いかな。
「ふむー。サーチ効果を持つモンスターが実装されていますからー、【磁石の戦士】は強くないということですかねー?」
まあ、《E・HERO エアーマン》がプレイヤーの手元に訪れないことを考えれば、まだ悪さはしないと考えられているからこそのサーチ持ちだろうね。しかしそこに現れたのが《ブロック・ゴーレム》だ。《カードトレーダー》には頭が下がらないよ。

「下がらないのですねー……」
《ブロック・ゴーレム》は単純明快、自分墓地に地属性以外のモンスターが存在せず、レベル4以下の岩石族が2体以上存在する場合、そのうち2体を対象に取って発動する。自分をリリースしてそれらを特殊召喚するよ。特殊召喚したモンスターはそのターンだけフィールド上で効果を発動できないから、《磁石の戦士δ》による墓地肥やしも《電磁石の戦士β》によるサーチもできない。しかしエレクトロマグネットウォリアー共通の2の効果で、相手ターンにサクリファイスエスケープすることは可能だ。
「ほほー……? これは強い効果なのではー?」
どれがかな。
「《ブロック・ゴーレム》なのですよー。1体のモンスターが2体になりますからー、リンク召喚にも使えますねー」
ああ! 加えて、フィールド以外で発動する効果は阻害しないから、《磁石の戦士δ》をリンク素材にすることで効果発動、墓地の3体を除外して《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を特殊召喚することもできるよ。
「ほほー! そーしますとー、《ミセス・レディエント》とのコンボで攻撃力4000……《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》で破壊されますかねー」
どちらかといえば、その《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》は分裂したほうが全体強化との相性が良いけど……まあ、そこまでマグネット・ウォリアーが墓地に残っているケースは難しいかな。除外されている岩石族を回収する手段も少ない。うん、次に行こう。ここからはOCGだ。まずは《マグネット・フォース》をご覧。

「……? これはデュエルリンクスで見た気がするのですよー」
その通り、OCGだ。このカードを発動したターン、元々が機械族か岩石族のモンスターはほかのモンスターの効果を受けない。裏を返せば、除去かそれに準ずるモンスター効果を警戒する場合にしか使えないカードだよ。
「ふむー。びみょーですかねー。ふつーに魔法や罠で倒されるのですよー」
ところがそうとも限らない。これを見てみたまえ! 今度こそOCGだよ。《ブロックドラゴン》!

「ほほー。またブロックのモンスターですねー」
ブロックは絶対に岩石ではないと思うんだけど、玩具族があるわけではないから仕方ない。手札・墓地から岩石3体を除外すれば手札・墓地から特殊召喚可能で、しかもその特殊召喚にターン中の制限がないというモンスターだよ。つまり将来の【岩石族】において一人征竜と化す可能性がある。
「ふむー。なぜかそーならない気がしますかねー」
岩石族はいまひとつスポットの当たらない種族だからね。強力なカードがちょくちょく存在していて、一歩間違えば禁止・制限カードを量産しかねないところまで来ていると思うんだけど……その一歩を全然間違えない。チューナーが存在しないことで有名な種族でもあるね。
「《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》も《ブロックドラゴン》も守備力のほーが高いのですねー。攻撃力が高いほーがよかったと思うのですよー」
それはむしろメリットと考えよう。攻撃力はどの道この数値だっただろう、そこに高い守備力もあるなんてラッキーと考えればいい。さて、1の効果で《ブロックドラゴン》が存在する限り、自分のモンスターはすべて戦闘以外では破壊されない。つまり『効果では破壊されない』ということだ。マジェスペクター耐性まであと一歩だね。
「ふつーに対象を取る効果で倒せるのですねー」
そこで《マグネット・リバース》が役立つというわけだよ。自身以外のモンスター効果を受けないことで、『モンスター効果を受けつけず戦闘以外で破壊されない』という準マジェスペクター耐性を1ターンだけ得ることができる。対象を取らない除外やバウンスはほぼモンスター効果に限られるから、マジェスペクター耐性と同じと言っても大声で否定はされないだろう。なかなかの耐久力だね。
「しかし、攻撃力2500ですからねー。やはり強くはありませんかねー」
ついでに2の効果で、名称ターン1で、フィールドから墓地に送られると岩石族をサーチできる。やはりどこか征竜に似ているな。《巌征竜−レドックス》も守備力3000だったね……。
「ふむー。なるほどー。特殊召喚時に3枚除外しますけどー、3枚サーチできれば再び自己再生できるのですねー」
お、良いところに気付いたね。その通り。しかもコストは手札・墓地のどちらから選んでもいいから、レベル3であるエレクトロマグネット・ウォリアーを2枚、レベル2の岩石を1枚サーチし、エレクトロを召喚、相手ターンでリリースエスケープしつつ墓地肥やしと繋げることで効果を有効活用しつつ墓地資源を確保し続けられる。場合によってはレベル8の磁石の戦士(じしゃくのせんし)1枚だけのサーチを選べるのも融通が利いて良い。1枚入れておくだけでも戦略に幅の出るカードだ。
「ふむー……。せんせー? 1つ気になったのですけどー」
ああ、《スクランブル・ユニオン》だね。まさかあんなものがカードトレーダーに並ぶとは……。いよいよ始まる……メタVSメタのメタによる戦いが!
「いーえ、そーではなくてですねー。マグネット・ウォリアーはレベル4とレベル3だけのよーなのですけどー」
なぜそんな知識をきみが……? 間違ってはいないけどね。ああ! きみの言いたいことは分かるよ。
「そーしますとー、《ブロックドラゴン》の効果はレベル8になるよーにサーチしますからー、エレクトロマグネット・ウォリアーはサーチできないのではー?」
レベル2の岩石を入れればいいじゃないか。
「そんなカードがありましたかねー?」
あるともさ。たとえば《メタモルポット》。長きに渡って制限カードのこれを手札に加えれば、一気に除外コストも稼げるね。

「ふむー。召喚権を使いますけどー、使えるのでしょーかー?」
冗談だ。本当は《怒気土器》だよ。たしかにレベル2の岩石族は少ない。けど、そもそも《ブロックドラゴン》の投入枚数だってそんなに多くはならないだろうから、《怒気土器》をいくらか混ぜておくだけである程度は機能するだろう。別にレベル4のα、β、γ、δをサーチしてもいいんだしね。

「ほほー……。びみょーな感じがするカードですねー」
そうかな……? たとえばエレクトロ……長い! 電磁石を捨てて、同じレベル3の《ブロック・ゴーレム》を特殊召喚、起動効果で2体のモンスターを蘇生すれば3体のモンスターが並ぶよ。

「ほほー? なるほどー。《ブロック・ゴーレム》は便利ですねー」
うん。まあ、間違ってはいない。けど召喚権の順番待ちが起こりやすいデッキにおいて、複数展開の役割を担う《怒気土器》は決して弱くはないはずだ。まあ、強いかと言われたらそこそこだけどね。さて、それではそんな不足しがちの召喚権を待たずに展開する方法に移ろう。これは便利だ。《同胞の絆》!

「ふつーに便利なカードですねー」
ストラクチャーデッキRへの再録でお求めやすくなったカードだ。取るに足らない2000ポイントのライフを投げ捨て、自分の下級モンスター1体と種族・属性・レベルが同じで別名のモンスター2体を特殊召喚できる。代わりにそのターンのバトルは行えず、さらにそのターンの追加特殊召喚も行えなくなる。けど先に言った通り、【磁石の戦士】はまず仕込みの数ターンから始まるデッキ。デメリットよりもメリットのほうが遥かに大きい。
「エレクトロマグネット・ウォリアーは効果モンスターですしー、そちらを出すほーがいーですかねー?」
そうだね。事前の特殊召喚は許されるから、《ブロック・ゴーレム》による蘇生が下準備にちょうどいい。残りも見ておこうか。先ほどの通り、電磁石βはサーチ効果、そして《電磁石の戦士α》と《電磁石の戦士γ》がこの通りだよ。

「ほほー? 《電磁石の戦士α》のほーは強いですねー」
うん。まあ、《電磁石の戦士γ》は《同胞の絆》で出しても嬉しいカードではないからね。αは『じしゃくのせんし』、つまり《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》か《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》のサーチができる。《磁石の戦士γ》はマグネット・ウォリアーを手札から展開できる。なぜかレベル4以下のという記述がマグネット・ウォリアー関係のカードには散見されるけど、現状で上級モンスターの登場予定もそれを匂わせるようななにかもない。まあ、『ニトロ』シンクロモンスターのようなものかな。
「ははー……。たしかに全然出ませんねー」
電磁石たちの2の効果はすべて共通。自分をリリースして『レベル4の』、つまり電磁石以外のマグネット・ウォリアーを相手ターンで特殊召喚。このため、対象を取る効果には滅法強く、非常に墓地に溜まりやすい。そして溜まったところを《ブロック・ゴーレム》で拾い上げれば、レベル3の岩石が2体、《ゴルゴニック・ガーディアン》にも繋ぎやすい。

「これは強いのですよー!」
最近は『相手ターンでも相手モンスターを除去』というモンスターが現れては禁止という流れが多いけど、これはそのギリギリのラインを突いたカードだ。相手ターンにできるのは、攻撃力を0にして効果を無効にするところまで。自分ターンでは攻撃力0のモンスターを1ターンに1度破壊する。こちらの効果が相手ターンで使えないために、強力だけど規制ラインには達していないという加減を知っているモンスターだ。ただ欠点もあって、これは闇属性モンスターだから墓地に行くと《ブロック・ゴーレム》の蘇生効果の邪魔をする。《ブロックドラゴン》の特殊召喚は地属性3体を除外だから、なかなか墓地から排除できないだろうね。
「ほほー。そーしますとー、どちらかは諦めるひつよーがありますかねー」
まあ、両方を採用してもあまり問題は起きないだろうけどね。一応《地球巨人 ガイア・プレート》という、岩石族除外が特殊召喚条件のモンスターもいるから、《ブロックドラゴン》でこれをサーチしてみるのも手だ。毎ターンの除外コストも『《ゴルゴニック・ガーディアン》を毎ターン除外できる』というメリットに変えられる。

「これも強いモンスターですねー。……せんせー? 【磁石の戦士】の話ではなくなっている気がするのですけどー」
そうは言っても、関連カードが少ないから……いくらかは【岩石族】の要素を持たなければやっていけない。まあ、それじゃあ関連カードについて触っておこうか。そろそろデュエルリンクスに戻ってスタンダードデュエリストハンターにならないといけないからね。懺悔の用意はできているか! 《マグネット・フィールド》はそこそこ堅実に強いサポートカードだね。

「ふむー。ふつーのカードですかねー」
1の効果でマグネット・ウォリアーの蘇生。デメリットは無し。2の効果で地属性・岩石族の自分モンスターと戦闘した相手モンスターを戻す。自分の側だけで見ると1ターンに1度の蘇生以上にできることはなし。しかし悪くはないという、謎の安定感を持っている。《メタバース》で発動したいほど強力なカードではないけど……相手ターンなら不意打ちにはなるかな。
「デュエルリンクスなら強そーですかねー」
強そうというか、まだまだ実装できないよ。たった1枚の《電磁石の戦士β》で何枚分稼いでしまうか……。次に罠の《マグネット・コンバージョン》。シャークトレードの被害に遭って呆然としている《磁石の戦士β》が印象的だね。

「元々こーいう顔なのですよー!」
どうかな……。左の《電磁石の戦士β》を見ると、どことなく小躍りしているようにも見える。『やった! 得した!』とね。さて、効果も実際に自分が得するものだ。自分の墓地のマグネット・ウォリアーを3枚まで手札に回収。《補充要員》と違って効果モンスターを手に入れられるのが大きい。《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の特殊召喚にも繋げやすいけど、狙うなら《電磁石の戦士γ》を回収してその効果で電磁石を並べ、サーチしつつ《ゴルゴニック・ガーディアン》かな。
「なかなか強い動きですかねー」
そして墓地に送られたターン以降に《マグネット・コンバージョン》を除外すると、除外されているマグネット・ウォリアー1体を特殊召喚。相手ターンで1の効果、自分ターンで2の効果の流れになるかな。どちらかと言えば特殊召喚のほうが強いから、除外対象を用意できるなら《おろかな副葬》で直接墓地に送ってもいい。
「ふむー。墓地の効果のほーが弱いと思うのですけどー」
ん? そうかな……? いや、たしかに3体と1体では3体のほうが多いけどね。判定しづらいところでもある……ああ、そうか。除外のことを話してなかった。電磁石版のバルキリオン、すなわち《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を見ておこう。この特殊召喚の際に電磁石たちは除外されるから、除外からの帰還効果は使いやすいということだよ。

「ほほー……せんせー? ふむー。わかったのですよー」
こちらはなにが起こったのか分からないな。つまりどういうことだってばよ。
「いーえ、《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》は破壊されるとエレクトロマグネット・ウォリアー3体に分離しますからー、《マグネット・コンバージョン》で除外から戻してはいけないと思ったのですよー」
ふむふむ。
「しかし1の効果で別のマグネット・ウォリアーを除外しますからー、その時のモンスターを特殊召喚すればいーとわかったのですよー」
ああ……うん。なるほど。4枚除外して3枚呼び戻すんだから、1枚は《マグネット・コンバージョン》での帰還対象にできるということだね。その通りだよ。破壊されると分離するというのは、つまりおもちゃが衝撃を与えると組み立て前に戻る感じかな。攻撃力3000だから、相打ちを狙って後続のラッシュに繋げやすいのもポイントだね。そしてその《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》と《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》がようやく本当に融合モンスターとなった姿がこちら、《超電導戦機インペリオン・マグナム》だ。端的に言うと『融合版クェーサー』。大体《シューティング・クェーサー・ドラゴン》と考えていいよ。

「ふむー。……2回攻撃はできないのですねー」
まあね。加えて、相手の効果で離れた場合しか後続を呼べない。タイミングを逃さないとはいえ、殴り負けた時になにもできないのはやや不安ではある。出す場合はまず手札融合だろうから、通常の【磁石の戦士】ではエクストラデッキでお留守番する役どころかな。
「《融合解除》とコンボできればよかったのですけどー」
相手の効果にしか対応していない以上は仕方ないね。ただの手札融合で出せるという利便性を考えれば、これでも十分強力だろう。……デュエルリンクスに出ないかな。
「出るはずがないのですよー! 攻撃力4000は強すぎるのですよー!」
《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》さえ出なければ問題ないよ。正規の素材でしか出せないからね。
「意味のないカードですねー」
さて……大体見て回ったかな。まあ、つまりは《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》や《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を切り札に据えて、そのために下級のマグネット・ウォリアーが奔走するデッキだね。マグネット・ウォリアーを呼び戻す手段が意外と多いから粘り強く戦えるはずだ。そして切り札を蘇生・帰還する《マグネット・リバース》はやはり強力……。デュエルリンクスでも使っていくことにしよう。バトルフェイズ中にやられたはずのモンスターで即追撃なんて、ワクワクするじゃないか。

「ほほー……。ふむー。攻撃力3500ですかー。いーえ、低すぎますかねー」
これでも《青眼の白龍》を超えているんだよ?
「《青眼の白龍》は《滅びの爆裂疾風弾》がありますけどー、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》は必殺技もありませんからねー」
《電磁剣》がOCGに出てくればいいということかな。《ゴッド・ハンド・クラッシャー》すらないのに……。
「ふむー。悪くはありませんけどー、ふむー。やはりびみょーですかねー」
きみは強そうな見た目のカードを好む傾向があるようだね。それなら《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》なんてどうかな。効果も強くて攻撃力も3000! そして色々合体しているよ。

「【アンティーク・ギア】に期待するのですよー」
ぼくには見える……巻き添えでメタを張られて《システム・ダウン》でマンマミーアなクロノス先生が見える。いや、主犯か……? まさか《古代の機械巨人−アルティメット・パウンド》、いや、それはない。なにを持ってくるんだろう……。
「《古代の機械巨人》ですかねー」
それは重々承知だよ。まあ、わからないことを話していても仕方ない。カンストしたダイスを減らすためにもう一度イベントに戻ろう。地味に【クリボー】も構築できそうだけど、相手を攻撃するために使えるカードが限られているな……。じゃあ、また、明日以降のいつかにでも。
「また次の機会にー」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 19:57
comments(0), trackbacks(0), - -
せんせーとわたしの(電)磁石の戦士(1)
アローヘッド確認! 召喚条件はα、β、γのリリース! ぼくは蘇生した《磁石の戦士β》と手札の《磁石の戦士α》、《磁石の戦士γ》をリリース! 融合召喚! レベル8《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》!

「特殊召喚ですねー。ほほー。今日は【磁石の戦士】の話でしょーかー?」
察しが良くて助かるよ。デュエルリンクスで色々なデッキを試しつつ、経験値50%アップを活かしてついでに王国の記憶を何度も何度も辿っている今日この頃。まさか《ランプの魔精・ラ・ジーン》のプレミアム加工が出てくるとはね。なぜ《ユニオン・アタック》じゃないんだい……?
「ほほー? わたしはシャイン加工しか見ていませんねー」
何周もしていればいつかは辿り着くはずだよ。99週もしていれば……。
「い、いーえー。そこまではしたくありませんかねー」
さて。結局は主人公サイド視点だから、闇遊戯か城之内くんのデッキさえ用意しておけば、面倒なミッションクリアよりも周回速度を上げながらミレニアムコインは理論上無限に稼ぐことができるわけだ。無限などない! プレイヤーの生命力という限界があったのさ……。
「そこまでする気はありませんかねー」
さて。ところできみは【トゥーン】に代わるデッキを発見できたのかな? それとも《分断の壁》に抗えない非力な自分を許せないでいるのかな。
「【ホルスの黒炎竜】を試しているのですけどー、なかなか勝てませんかねー」
え? ああ、本当にやっているのか……。まあ、事故率はそこそこあるデッキだからね。ホルスとは別に伏せ除去を用意しなければ結局罠に対抗できず、しかも狙ったカードがブラフの魔法だった日には絶望だ。なぜそんなデッキを選んだんだろう……?
「せんせー? せんせーが勧めたのですよー?」
いけないな。人に言われるまま自分のプレイスタイルを決めるなんて。なにをしようときみの勝手だけど、責任を取るのはきみだよ? ということで、ぼくはぼくなりに考えた結果、今現在は【磁石の戦士】に落ち着いていてね。せっかくだからその話をしようとやってきたんだよ。
「ははー……。イベントを進めるのではないのですかー?」
さすがに無限周回プレイは怖い。プレイそのものよりも、それを実行する自分が怖くなる。だからニューロン・コードは使用しない方針で、スタンダードデュエリストを空っぽにしてからここに来たんだよ。オートデュエル機能は本当に便利だね。イベントのマス進行もデュエルも全部オートでやってくれたらいいのに……。
「それはほんとーにゲームなのでしょーかー?」
需要に応えるものを供給してこそのベストマッチだよ。では行こう。の前に、方針をはっきり決めておいたほうがいいかな。まず最初に、デュエルリンクス世界での【磁石の戦士】の話をするのか、OCGでの話をするのか。
「そーですねー。どちらでもいーですかねー」
……変形合体というフレーズに感じ入るものは?
「何の話でしょーかー?」
ないみたいだね。じゃあまず、リンクス世界での構築から話して、そこからOCGに広げるプランで行こう。まず、この《磁石の戦士α》が現在のデュエルリンクス内最強モンスターだ。これを召喚できるかできないかがデュエルの勝敗をそのまま決めると言って過言ではない。

「過言すぎるのですよー! 《磁石の戦士α》なんて、ふつーに倒せるのですよー」
反論の余地もないほど見事な切り返しだ。その通り。最初期ならいざ知らず、リリース一周年間近の今となっては、攻撃力1400はおろか守備力1700も戦闘に耐えうるステータスとは言い難い。なかなか使用率の下がらない《エレクトロ軍曹》の攻撃力1600に耐えるんだから、捨てたものでもないけどね。
「ふむー。しかし、磁石の戦士の中でも一番弱いモンスターですからねー。強いモンスターではないのですよー」
では続いて2枚見てみよう。磁石の戦士(マグネット・ウォリアー)で最強の攻撃力を誇る《磁石の戦士β》、そして守備力が高めの《磁石の戦士γ》だ。ちなみに《磁石の戦士α》と《磁石の戦士γ》のステータスを見比べてみると、αがγより攻守ともに100ポイント低いことが分かる。しかし原作・アニメでの活躍率はαのほうが上だから気を落とすことはないよ。

「どれも強いモンスターではありませんねー」
βはリンクス世界ではまだギリギリ通用するかな。アタッカーというより、守備モンスターや効果重視の下級モンスターを蹴散らす役だね。たった4000のライフポイントを削るのにもそこそこ使える。さて……それら三体を束ねたモンスターが《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》。時期が時期ならビーストアイズ方式の融合モンスターとなっていただろうけど、当時のカードデザインを考えるなら分離機能を組み込んだだけでも再現度は高いと言うべきかな。

「ふむー。そーいえば、《融合》を使わずに融合していましたかねー」
あれが完全に再現されたのが《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の出た9期だというのが驚きだ。さすが原作……一戦ごとに違うことをしている。しかしOCGも負けてはいない。《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》には自発的に分離することで『手札から三体リリースして特殊召喚→分離して三体特殊召喚→神が呼べる!』というメリットがある。手札が足りない? 『ラスト・ギャンブル』で6の目を出せばいいじゃないか……。
「ふむー……。せんせー?」
なにかな。
「《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の攻撃力は高いですけどー、1つ気になることがあるのですよー」
ぼくの知りうる範囲でなら、答えたり答えなかったりしよう。
「答えてほしーですかねー。攻撃力3500の《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を出すでしょー? 攻撃するでしょー? 《猪突猛進》や《銀幕の鏡壁》や《分断の壁》で返り討ちに遭うと思うのですよー」
《分断の壁》で返り討ちに遭うケースはとりあえずスルーしておくとして……。つまり?
「20枚デッキでは《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》がひじょーに出しやすいですけどー、出しても勝てないと思うのですよー。せんせーはKCカップ用のデッキを探していたのではないのでしょーかー?」
ああ! 前回話した【ネオスビート】について軽く話しておくと、デッキ全体が『流れる』感じを作れない上、《E・HERO ネオス》そのものは必ずしも強くないということで、現状ではスルーしている。ただ、ぼくにはKCカップに向けて、3つ気になっていることがあってね。
「VRAINSの真似ですねー」
Playmaker様の真似……いや、ミーがプレイメーカーね! HAHA! さて、
1.第1回KCカップでは、開催翌日に新メインBOXが登場した。
つまり、現状でのトップデッキ争いは実際のイベントにおいて過去の情報にしかならない可能性がある。
「そーでしたかねー?」
開催が2月27日、新BOXヴァルキリーズ・レイジが登場したのが28日だ。ぼくはこういった記録をつけるタチでね……。よって、『次のパックでなにが出るか?』が分からない限り、事前の研究は実際の大会とは異なる場合があります。そして
2.クロノス先生登場により、《分断の壁》が効かない『アンティーク・ギア』が実装される。
これはもう99.99%確実と言ってもいいだろう。実装しなければ不満の嵐が巻き起こるだろうからね。
「ふむー。そーですねー。それは出るでしょーねー」
《猪突猛進》や《銀幕の鏡壁》といったフリーチェーンも牽制に使い捨てるかなにもしないかの二択を迫られ……この図がなにを示すのか? ここで一度考えてみよう。今のデュエルリンクスに足りないものは?
「新マスタールールですかねー」
まあ、それはおそらくVRAINS実装まで待つ……としたら長いな。早くてもシンクロ実装までは待つだろうね。しかしそれよりも、だ。ゴースト骨塚が《リビングデッドの呼び声》を落とさなかったことから推察できるのは……。『誰もが欲しくなる汎用カードをイベント限定にはしない』ということだ。《リビングデッドの呼び声》は現在のOCGでも一考に値する汎用強力カードだからね。ということは、つまり。今後エスパー絽場が登場した時も、彼は《人造人間−サイコ・ショッカー》を落とさないかもしれない。それはパックの収録カードになるのかもしれない……。
「それはないと思うのですよー。レジェンドデュエリストのエースカードは報酬に設定されるはずなのですよー」
……《ゲート・ガーディアン》という例外をぼくは知っているけど、まあ置いておこう。一理あるね。しかしほかにも気になっていることがある。
3.GXには強力な機械使いが多い。
これはよく分かるはずだ。まだタイムシフト視聴が全然進んでいないんだけど、アニメ序盤だけで、丸藤兄弟とクロノス教諭という三人の機械族使いかつ出番の多いキャラクターがいる。すでにあるもので言えば、万城目くんもVWXYZを使っていたことからトンデモサポートが来月OCGに登場するようだね。つまり、今後強力な機械族モンスターはどうしても出さざるを得なくなる。いつまでもエスパー絽場を欠番にするわけにもいかないだろうからね。
「ふむー。つまり、どーいうことですかねー?」
サーヴァント・オブ・キングスに収録された機械族メタの《システム・ダウン》。これが意味するのは『クロノス教諭を誰でも狩れる!』ではなく、『今後強力な機械族が増えますよ』ということなのではないか……? それがまさにKCカップ開催直後のBOXで起きることなのではないか? そうぼくは考えたわけだ。

「ふむー? しかし、《サイバー・ドラゴン》や《人造人間−サイコ・ショッカー》はレジェンドデュエリストのエースモンスターなのですよー? パックには入らないはずなのですよー」
なるほど……。ん? ということは、《システム・ダウン》でメタを張るべきはクロノス先生と《トゥーン・リボルバー・ドラゴン》くらいしかないということに……?
「《エレクトロ軍曹》も機械族でしたかねー」
ああ……《7カード》で強化されていたから間違いない。え……? 登場前に《システム・ダウン》が実装されるなんて、クロノス先生はなにを持ち込むつもりなんだ……?
「……ほほー! 思いついたのですよー! ガジェットも機械族モンスターなのですよー!」
あ! 相棒こと表遊戯が持ってきていない! まさか……そんなものを持ち出したら向こう一年は『遊戯王ガジェットリンクス』になってしまうよ!
「そーですかねー? ハーフデッキではサーチ先が手札に来てしまうのではー?」
いや、そうとも言えない。ここで磁石の戦士の話に戻ろうか。遊戯王世界では、いやトレーディングカードゲームの世界ではほぼ一貫して、『デッキの枚数は少なく作るべき』というセオリーがある。ものによっては最初から指定された枚数でしかデッキを組めなかったりもするけど、このあたりの理屈はもう知っているね?
「とーぜんですねー。デッキに色々なカードを入れましてもー、手札が増えるわけではありませんからねー。ほしーカードや強いカードを使うためにはデッキを減らすのが一番なのですよー」
この点については、GXワールドに登場したストイックなアカデミア生徒が端的かつ的確に表現している。
『ドローは運じゃない。投入枚数による確率操作よ。』
おそらくこれ以上に分かりやすく表現することは不可能だろう。欲しいカードやそれを手に入れるカードを増やせば増やすほど思い通りの動きができ、一方で複数枚必要ないカードを複数枚投入することは手札事故を招きかねない。しかし……これはイコールで『デッキを減らすことが正解』というわけではない。その顕著な例がガジェットデッキだね。
「なるほどー。デッキを増やすのですねー」
その通り。投入枚数による確率操作ということは、『デッキにこのカードを何枚も入れなければならない。しかし一度に何枚も手札に来てほしくはない』という場合にすべき枚数調整は『増やすこと』。デッキを太らせることで、その中からキーカードが来る可能性をあえて下げる。ガジェットはその効果の性質上、『デッキにガジェットが残っていなければならない』複数積み推奨の面と、『手札に複数持っていても使いようがない』複数積み非推奨の矛盾した面を併せ持つ。そのため『複数積みしても手札に複数来ない』構築を求めた結果、デッキ枚数を増やすという解答が生み出されたわけだ。それと同じことを、デュエルリンクスでもある程度は行える。OCGのスピードルールと違って、リンクス世界のスピードルールはデッキ枚数20枚から30枚で構築するもの。つまり、上限ギリギリの30枚でデッキを組めば、3枚積みは厳しいにしても、各ガジェット2枚積みくらいでならデッキが適度に回る可能性はある。……いや、初期手札4枚なんだから、もう少し増やしてもいいかな……? 確率の話だから、詳しくは算数の時間になるね。

「ふむー。そーいえば、《禁じられた聖杯》も実装されていましたねー。あれはガジェットへのメタカードだったはずなのですよー」
……いや、いや、いや。そんなはずは……。【ガジェット】と言えば【テラナイト】が出るまで長きに渡って活躍し続けたデッキ。……だったかな? 色々環境が荒れて姿を消していたような……。しかし、『召喚した時点でアドバンテージ獲得』という超高性能のあのカード群が仮に出たら、第2回KCカップは『ガジェットVSそれ以外』の構図になってしまう。うん、もっともっと後じゃないかな……。
「そーですねー。……ふむー? 何の話でしたかねー?」
ああ……。そうそう、磁石の戦士たちの話だ。それじゃあこれを見てほしい。《苦渋の決断》だよ。

「最近実装されましたねー。とても強力なカードなのですよー」
その通り。現在のデュエルリンクスにおいて、【磁石の戦士】で戦うなら方針は2つ。《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》で戦うか、下級モンスターで戦うかだ。どちらを選ぶにしても、手札と墓地に磁石の戦士を用意できるこのカードは有効な1枚になる。
「なるほどー。《正統なる血統》を使うのですねー?」
下級モンスターのみでデッキを回す気ならね。そうでないならいらないかな。《思い出のブランコ》があれば一考に値するけど……。さて、しかしこの《苦渋の決断》、同名カード2枚がデッキに残っていなければ、墓地と手札に送ることなどできるはずもない。つまり、無条件に投入できるカードではないんだ。
「ほほー。そーいえば、磁石の戦士はあまり強くありませんでしたねー」
磁石の戦士と言うと『マグネット・ウォリアー』なのか『じしゃくのせんし』なのか区別がつかなくなるけどね。下級モンスターの話なら、たしかに手札に加えたところで強くない。しかし、次にこれをご覧。ストラクチャーデッキ‐武藤遊戯‐に合わせて登場したマグネット・ウォリアー、《磁石の戦士δ》だよ。

「カードトレーダーに並んでいるカードですねー」
とりあえずの一応で3枚揃えておいたものの、これが役に立つ。まず、第1の効果で召喚・特殊召喚時にマグネット・ウォリアーをデッキから墓地へ送れる。タイミングは逃さない。
「ふむー。ふむー? せんせー? 墓地へ送りましてもー、《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》でなければそのカードを使えないのではー?」
いやいや。2の効果を見てほしい。2の効果は1の効果と同一ターンでも使える。《磁石の戦士δ》が墓地へ送られた場合、《磁石の戦士δ》以外のマグネット・ウォリアー3枚を墓地から除外し、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を特殊召喚できる。つまり、1の効果で墓地を肥やすことにはきちんと意味があるんだよ。
「ははー。そーいえば、《魔導雑貨商人》で発動されたことがあるのですよー」
さらに、だ。つまり《磁石の戦士δ》1号を召喚した時、すでに墓地に除外コストが揃っていれば、《磁石の戦士δ》2号をデッキから墓地へ送り、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》が出せるわけだ。1の効果を1号が、2の効果を2号が発動する形だよ。
「ほほー? ……なるほどー。《磁石の戦士δ》もレベル4以下のマグネット・ウォリアーですねー」
ということで、現状のリンクス世界では、主に《磁石の戦士δ》で除外するために墓地資源を使うことになる。と考えると、《苦渋の決断》は使えるなら使ったほうがいいということになる。単純に墓地が1枚増えるからね。
「なるほどー。相性が良いのですねー」
しかしだ。一方で、《苦渋の決断》には非常に腐りやすい側面がある。そもそも投入枚数を考えてみよう。単純化すればこうだね。α、β、γ、δ、それぞれ3枚。3×4=12。+《電磁石の戦士β》1枚。そこに《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を1枚か2枚。2枚として、これでデッキ15枚。さらに《苦渋の決断》3枚で18枚。あと2枚しか枠がないよ。
「ほほー。そーしますとー、ふむー。《ハーピィの羽根帚》はありませんからー、《心鎮壷》がいーですかねー?」
なかなか良いカードを思いつくね。素直に参考にさせてもらおう。まあ、きみも考えた通り、これだけモンスターの数を増やしていながら伏せカードに対応できないというのは無策の特攻に等しい。つまり自殺だ。そこでぼくは……待てよ? 本当に参考にしようかな……。
「どーしたのでしょーかー?」
ああ……。いや、実はね、ぼくはデッキ枚数を増やすプランを選んでいたんだ。《苦渋の決断》の発動前にマグネット・ウォリアーがデッキから減らないよう、デッキの中に眠ってくれるよう……。しかし《苦渋の決断》のサーチ手段がないことを考えると、それは素人考えというものだったかもしれない。一応、色々なパターンを考えてみようか。《魔導雑貨商人》も考える余地のあるカードだ。欠点は、相手のバトルフェイズに《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を出すのなら、それは『殺してください』と言っているも同然だということくらいかな。

「《太陽の書》を使えばいーのでしょーかー?」
《太陽の書》そのものに他の用途が見当たらないからやめたほうがいいかな……。《クリボール》や《タスケルトン》で攻撃を防ぐほうがよさそうだ。ほかに……《凡骨の意地》を入れる手もあるね。
「ほほー! それはいーですねー。追加ドローで《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》が出しやすくなるのですよー!」
しかしこれも却下してみる。少なくともぼくが使うプランとしてはナシだ。理由は簡単、《苦渋の決断》はデッキから通常モンスターを減らす上、《凡骨の意地》よりも使いたいカードだからだ。ラストドローで来て嬉しい場面がありえないというのも一因だね。
「ふむー……。せんせー? せんせーの【磁石の戦士】がどーいうデッキなのか、よくわからないのですよー。《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を出すのですかねー?」
そうだね。じゃあ自分がどうするかだけで考えてみようか。もちろん《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》は出す。戦術はこうだ。極めて単純。
1.序盤はマグネット・ウォリアーを展開する。が、相手が手札事故を起こした場合以外、壁にしかならない。よって極力守備表示。
「そーなりますかねー」
2.《苦渋の決断》や使い捨て壁表示で墓地に複数のマグネット・ウォリアーが溜まれば動き出す。《磁石の戦士δ》の効果で《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を出したり、《ブロック・ゴーレム》で2体のマグネット・ウォリアーを蘇生、壁にする。

「壁以外に使い道はないのですかねー?」
3.自分のターンが3回来ればセルゲイのターンは終了。実行すべきタイミングを見てスキル『ラスト・ギャンブル』発動。手札2枚を捨ててライフを100になるまで支払い、サイコロで出た目だけドローしてありがとうございました。
「せんせー? 決着の方法がわからないのですよー?」
ドローしすぎてデッキ切れになるのは避けたいけど、これがぼくに思いつく限りの良策。デッキ枚数を20枚にしてみるのもアリかな……。腐った《苦渋の決断》はスキルのコストになるし、腐っているということは墓地や手札に必要なマグネット・ウォリアーは揃っているだろうからね。
「どーやって勝ったのですかねー?」
ガジェットの場合とは理屈が違う……。色々試してみるとしよう。ああ、ちなみに、順当にデッキを組めばというさっきの話では、ほぼモンスターだけで18枚になったね? 残りの枠を埋める候補になるのがこれ、《マグネット・リバース》だ。使ってもいいし、使わなくてもいい。

「ほほー? …………。蘇生制限を満たすひつよーがありますねー」
そう。初心者への罠であり参考書とも言えるかな。特殊召喚モンスターは極めて例外的な例外を除き、本来の手順で特殊召喚した後でなければ、墓地・除外からの特殊召喚はできない。いわゆる『捨て蘇生』はできないということだね。このため、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を蘇生するのなら、α、β、γをリリースして出した後でなければならない。
「速攻魔法ですからー、バトル中に《猪突猛進》を発動されても復活できますねー」
《猪突猛進》を受けていないモンスターが、できれば相手フィールドに存在してほしい場面だね。ちなみに言うと、もちろん《磁石の戦士δ》の効果による特殊召喚は『召喚条件を無視した特殊召喚』、つまり『本来の手順ではない』から、《マグネット・リバース》での復活には繋がらない。ただ、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》には『自身をリリースして合体解除』という特殊能力があるから、正規の特殊召喚さえしていれば《マグネット・リバース》には繋がるよ。
「ほほー。……せんせー? 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》が合体を解除しますとー、フィールドに3体のモンスターが並ぶのですけどー」
そこが問題だ。デュエルリンクスでは、というよりスピードルールでは、メインモンスターゾーンは三か所しかない。つまり、マスターデュエルなら可能な『バルキリオンを特殊召喚→即分離→《マグネット・リバース》でバルキリオン即復活』という流れが作れない。このため、実際よりも使い道の限られたカードということになる。ぼくの狙いはワンショットキルだから、やはり流れを止めかねないこのカードは使いづらいかな。《エネミーコントローラー》と組み合わせて、相手モンスターを除去しつつ復活という手もあるけどね……。
「どーいうことでしょーかー?」
たとえば一番弱いαをリリースして《エネミーコントローラー》で相手の一番強いモンスターを奪う、ふりをして、チェーン2で《マグネット・リバース》発動。先に《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》が蘇生する形となり、モンスターゾーンの数が足りないため、コントロールを奪われるはずだった相手モンスターはルールにより破壊されるという流れだよ。しかしまあ……ワンショットキルのために使うカードを考えれば、これは今回は不要なプランだね。思いがけずデッキ強化の余地が生まれた……。続きは明日にしようか。それじゃあまた明日。
「どーやってワンショットキルするのですかねー?」
author:海水晶, category:ピンポイントレッスン, 22:07
comments(0), trackbacks(0), - -